2018年4月21日(土)・22日(日)の2日間、『2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース』が鈴鹿サーキットで開催されます。鈴鹿8耐出場権をかけた戦いも見逃せません!

国内最高峰の4輪レース「全日本スーパーフォーミュラ選手権 開幕戦」、 国内最高峰の2輪レース「MFJ 全日本ロードレース選手権 第2戦 JSB1000クラス」のほか、 イベント「Enjoy Honda 2018」も併催され、 2日間を通して家族で楽しめる内容となっています。

画像: 鈴鹿8耐出場権をかけた大事なレース!
『2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース』が今週末いよいよ開催。

70台以上がエントリー。セミ耐久から、 土日の2レース制に。 鈴鹿8耐出場権をかけた戦いも見逃せない!

昨年は、 セミ耐久(周回数:35周)で開催された、 全日本ロードレースJSB1000クラス。今年は、 4月21日(土)、 22日(日)の両日にそれぞれ18周のスプリントレースをフォーマットに変更になり、 土日2日間ともに見逃せないスケジュールとなっています。

画像: 70台以上がエントリー。セミ耐久から、 土日の2レース制に。 鈴鹿8耐出場権をかけた戦いも見逃せない!

注目は10年ぶりにHondaのワークスチームとして復活する「Team HRC」で、 2017年チャンピオンの高橋巧選手を起用。 国内4メーカー間での激しいトップ争いが予想されています。

また70台を超えるエントリーの内40台が、『2018 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース』の出場権を得ることを目的とした『8耐トライアウト』の対象チームで、 トップ争いだけではなく、鈴鹿8耐出場をかけた戦いとしても見逃せない1戦です。

今年の展示のテーマは「耐久」!

画像: 今年の展示のテーマは「耐久」!

NGKスパークプラグはその高い耐久性・信頼性から、 厳しい環境で長時間走り続けることが要求される耐久レース出場マシンにも多く使用されています。 NGKスパークプラグを使用しているマシンで、 2017年“最後の鈴鹿1000km”を制した「Epson Modulo NSX-GT」、 そして“コカ・コーラ”鈴鹿8耐で3年連続優勝を飾った「YAMAHA YZF-R1」をGPスクエア内NGKスパークプラグブースに展示されるので、こちらも見所!

レース観戦に加え、 ゆうえんちモートピアパスポート1日券付きのチケットは、 4月21日(土)まで販売中です。 前売観戦券は、 当日販売の『モートピアパスポート1日券(大人4,300円)』よりお得な価格で、ゆうえんちだけではなく、 レースとイベントをお楽しみいただけますよ。

前売観戦券は、 4月21日(土)まで販売!

This article is a sponsored article by
''.