鈴鹿8時間耐久ロードレースは、1978年の初開催以来、夏の一大イベントとして数多くのファンに愛され続け、昨年の第40回記念大会からは世界耐久選手権のシリーズ最終戦の舞台となっています。

今年の“コカ・コーラ”鈴鹿8耐は、3連覇中の「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が連勝を重ねるか、2008年以来10年ぶりの参戦となるHondaのワークスチームである「Team HRC」をはじめ、連覇を止めるチームが現れるのかが注目されます。

また、今年もロードレース世界選手権(MotoGPTM)やスーパーバイク世界選手権など、世界で活躍するトップライダーの参戦が期待され、今後の動向にも注目が集まります。

さらに、昨年の40回記念大会を機に初開催された音楽イベント「8フェス」は、規模を拡大して開催するなど10代・20代の方へ向けて”コカ・コーラ”鈴鹿8耐の魅力を伝える数多くのイベントも展開されます

なお、前売観戦券および各種チケットは、4月28日(土)に販売を開始します。各チケットの詳細は3月中旬にご案内予定なので、今後の情報をいましばらくお待ちください。

大会名称 2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦
“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会
併催 2018 鈴鹿4時間耐久ロードレース<ST600>
主催 一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
株式会社モビリティランド
冠協賛 コカ・コーラ
会場 鈴鹿サーキット 国際レーシングコース(1周/5.821km)
〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992 TEL:059-378-1111
開催日程 7月26日(木)~29日(日)

“コカ・コーラ”鈴鹿8耐・鈴鹿4耐 海外へライブ配信決定&英語・タイ語での実況を展開!

また“コカ・コーラ”鈴鹿8耐の外国語実況による海外ライブ配信することが決定しました!

Facebookを利用して、 “コカ・コーラ”鈴鹿8耐決勝レースを英語およびタイ語で、鈴鹿4時間耐久ロードレース決勝レースをタイ語実況で配信します。

近年、鈴鹿8耐および鈴鹿4耐ともに、アジア圏からのエントリーが増加しており、昨年の鈴鹿8耐ではSatu HATI. Honda Team Asiaが8位入賞、鈴鹿4耐ではYamaha Thailand Racing Teamが優勝を飾るなど、アジアンチームの活躍が目立っています。

今回のライブ配信の取り組みは、世界のより多くのレースファンに対して、“コカ・コーラ”鈴鹿8耐および鈴鹿4耐の魅力を伝えるとともに、アジアを中心とした各国での認知を拡大させ、将来、鈴鹿サーキットで開催されるバイクレースへのアジア各国のチーム・選手のエントリー促進を目的としています。

昨年、鈴鹿サーキット独自のライブ配信を初めて実施し、日本語実況でありながら、タイを中心に、マレーシア、インドネシアや台湾などのアジア圏において50万人以上に視聴されました。今年から英語・タイ語での実況を行い、より多くの海外の方にも“コカ・コーラ”鈴鹿8耐・鈴鹿4耐の魅力をお伝えします。

配信国や視聴方法の詳細については、決定次第ご案内するのでこちらの情報もお楽しみに。

Facebook ライブ配信概要

2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦
“コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会
配信日:7月28日(土)予選&TOP10トライアル・29日(日)決勝
時間 :日本時間 10:30~20:00(予定)
実況 :英語・タイ語
※テレビ放送される国・地域では、Facebookでのライブ配信はありません。
鈴鹿4時間耐久ロードレース<ST600>
配信日:7月28日(土)
時間 :日本時間 8:30~13:30(予定)
実況 :タイ語

This article is a sponsored article by
''.