全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年、最高機密として封印されてきた〈9.11直後の最初の戦い〉の全貌を映画化した『12Strong』(原題)の邦題が『ホース・ソルジャー』に決定し、ギャガ配給作品として5月4日(金・祝)全国公開が決定。

「ホース・ソルジャー」5月4日(金・祝)公開決定!

ハリウッド随一のヒットメーカーであるジェリー・ブラッカイマーが、デンマークのCM界の鬼才でコソボ紛争を追った報道写真家でもあるニコライ・フルシーを監督に抜擢し製作。

この作品は9.11直後の最初の反撃であり、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願した12人のアメリカ陸軍特殊部隊員(グリーンベレー)の勇姿を描く衝撃の実話。

彼らのミッションは、反タリバンの地元勢力と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧すること。最新兵器を擁する敵勢5万人に対し、ミッション遂行に与えられた期間は僅か3週間。さらに戦地は険しい山岳地帯の為、彼らは“馬”を使い移動し、馬に乗って戦う必要に迫られる。

部隊を率いるミッチ・ネルソン大尉を演じるのは『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワース。腹心の部下にオスカーに2度ノミネートされ『シェイプ・オブ・ウォーター』でも注目されるマイケル・シャノン、『フューリー』のマイケル・ペーニャ、『ムーンライト』での演技が記憶に新しいトレバンテ・ローズらが脇を固める。

この度邦題と場面写真が解禁!

この度解禁した場面写真には最新鋭の武器や装備を身にまといながら馬にまたがり、アフガニスタンの超危険な戦場を勇ましく駆け回るクリス・ヘムズワースの鬼気迫る表情や、アメリカ兵を演じた俳優たちがまるで本物の兵士ように緊張感に満ちたがリアルな姿が垣間見える内容となっている。

武器は魂と馬。
2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される──。

監督:ニコライ・フルシー 製作:ジェリー・ブラッカイマー他 脚本:テッド・タリー、ピーター・クレイグ
原作:ダグ・スタントン「ホース・ソルジャー」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出演:クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ、トレバンテ・ローズ
原題:12 Strong/2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/130分/字幕翻訳:風間綾平
提供:ギャガ、ポニーキャニオン 配給:ギャガ 
© 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
5月4日(金・祝)
TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

This article is a sponsored article by
''.