スペインの老舗モーターサイクルーメーカー「ブルタコ」が電動バイクで復活です。

1958-1983年 スペイン バルセロナで製造

1960年代にトライアル車両で主流だった4ストロークに2ストロークを導入。一気に市場を2ストロークへと変えたブルタコ。1983年に工場を閉鎖してからはフランスのメーカーに商標が売られたりとひっそりと歴史に埋もれていくのかと思いきや、ここにきて電動で復活です!

画像: トライアルに2ストロークを導入したBultaco Sherpa T trialsguru.files.wordpress.com

トライアルに2ストロークを導入したBultaco Sherpa T

trialsguru.files.wordpress.com

Bultaco Albero

画像1: newatlas.com
newatlas.com

Bultaco Alberoはブラシレスモーターを搭載した電動バイクでモーターを2種類から選べます。一つは2kWで最高速45km/h、もう一つが250Wの最高速が25km/h。ペダルでの走行も可能なので万が一バッテリーがなくなっても自転車のように進めます。

画像2: newatlas.com
newatlas.com

スポーツモードでの走行では約50kmの航続距離ですが、ツアーモードにすると75km、更にエコモードにすれば100kmとかなり伸びます。1.3kWhのバッテリーを搭載で充電時間は約3時間。デジタルディスプレイでバッテリー残量を確認しながら走行できます。

画像: 街中トライアルな雰囲気がします newatlas.com

街中トライアルな雰囲気がします

newatlas.com

軽量なアルミフレームに調整式のフロントサスペンション、リアにはモノショックを装備。フロントとリアにディスクブレーキを搭載して十分な制動力も確保。ホイールは前後ともに24インチで2.35タイヤを履いています。

画像: Bultaco Albero youtu.be

Bultaco Albero

youtu.be

オフロードモデル Bultaco Brincoも

画像: Bultaco Brinco new models youtu.be

Bultaco Brinco new models

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.