もうどうしてもAK-47とのイメージが離れないカラシニコフですが、実は銃に留まらずいろいろな車両(主に軍用)を開発・生産しています。

警察及び軍用

オールラウンダーな実用性を見いだせます、カラシニコフ製の電動バイク。まずはモスクワ警察に50台が納入され、今年のワールドカップで使われるようです。

画像1: newatlas.com
newatlas.com

出力は15kW(約20馬力)で航続距離は100~150km。アナログのスピードメーターにLEDのメーター周り。

画像: 一瞬カワサキを思わせるロゴ。シンプルなメーター周り。 newatlas.com

一瞬カワサキを思わせるロゴ。シンプルなメーター周り。

newatlas.com

一つ気になったのはリアショックがツインなところ。耐久性を上げるためでしょうか?

画像2: newatlas.com
newatlas.com

ワールドカップで使われたあとはパレードやマラソンの先導、 国立公園などで活躍する予定。

画像: 軍用車と同じ工場で作られています newatlas.com

軍用車と同じ工場で作られています

newatlas.com
画像: 軍用も同時に作られているようです。 newatlas.com

軍用も同時に作られているようです。

newatlas.com

まだ情報も少なく、未知の車両ですがロシアも技術大国。電動バイクの発展には大いに期待です。

This article is a sponsored article by
''.