我らの味方、モンスターエナジーがスッゴイ動画を公開していますぞ。え?どんな動画だって??実は、日米ドリフトスターの激突動画なんです。
FAT FIVE RACING の代表兼ドライバー、ダイゴこと斎藤太吾 vs 米国のレーシングドライバー ヴォーン・ギッティンJr.の競演をご覧ください!
(あ、ちなみにこれ、2年前の動画、掘り出し物ってことでよろしくです)

ケン・ブロックとも肩を並べる一流プロドリフターであるギッティンJr.は、1980年9月20日生まれ。188cmで100Kg近い巨漢ですが、その雄大な体格から予感できる豪快さは、そのまま走りに現れます。

対する我らがダイゴは1980年3月7日生まれ。ギッティンJr.とほぼ同い年ですなっ。

二人のドリフトスターは、ともに新潟のとある廃墟に自慢のマシンを持ち込み、ドリフト対決を行ったのです。

ギッティンJr.のマシンは550馬力を誇る5リッターのV8エンジンを積んだマスタング改。かたやダイゴは 650馬力の V12気筒ランボルギーニ・ムルシエラゴ。こちらはリヤドライブの完全ドリフト仕様。

2台の、滑らせることに特化して作られた特殊なモンスターたちを操る2人のゴッツい男たち。その対決の模様は、下の動画で観られます。

さあ、元気出していきましょう!どーぞ!

画像: #BATTLEDRIFT - Vaughn vs. Daigo www.youtube.com

#BATTLEDRIFT - Vaughn vs. Daigo

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.