東京モーターショーでホンダが発表した『ネオスポーツカフェコンセプト』が、ミラノで行われたモーターサイクルショーEICMA では新型CB1000Rとなって発表された。欧州で発売されているストリートファイターのCB1000 Rから大きく路線変更し、新しくもあり、レトロテイストでもあるカフェスポーツとなった!
月刊オートバイ2018年1月号より
デジタル編集:ロレンス編集部

CB1100Rのデザインテーマはネオスポーツカフェ

HONDA CB1000R
発売予想:2018年春
予想価格:155〜165万円
最高出力:145.5PS/10500rpm
最大トルク:10.6kg-m/8250rpm

画像: スタイリングは、「ネオス ポーツカフェコンセプト」。イメージカラーはブラックで、ラジエターシュラウド、サイドカバー、大きなサイレンサー、タンクにあしらったシルバーのラインでメタル感を強調。 www.motormagazine.co.jp

スタイリングは、「ネオス ポーツカフェコンセプト」。イメージカラーはブラックで、ラジエターシュラウド、サイドカバー、大きなサイレンサー、タンクにあしらったシルバーのラインでメタル感を強調。

www.motormagazine.co.jp

ホンダが誇る電子制御を惜しみなく標準採用したCB1100R

新たに生まれ変わったCB1000Rは 年ぶりの進化ということもあって、スタイリングだけではなく、メカニズム面でも大きく進化を遂げている。
CBR 1000RRをルーツとするエンジンは、スポーツネイキッドに合ったパワー特性を追求した結果、これまでのSC型CBRのエンジンを踏襲することとなったが、新型搭載に合わせて更なるチューニングが施され、主に6000〜 8000回転付近でのトルクを増強され、パワーも145PSとなった。

また、扱いやすさを徹底すべく、 合わせて電子制御デバイスも惜しみなく採用。3段階のパワーモードや、エンジンブレーキコントロール、HSTCと呼ばれるトルクコントロールを採用、これらの設定を組み合わせて4つのライディングモードを用意している。

フレームは、ホーネットシリーズ以来となる、スチールモノバックボーンフレームを採用し、リッタークラスのネイキッドながら212kgという軽さを実現。サスペンションもショーワの最新ユニットを装備している。

個性あるスタイルとゆとりの動力性能。スタイリングは大きく変わっても、CB1000Rの魅力は受け継がれているのだ。

画像: デザイン自由度の高い LEDヘッドライトを採用しながら、あえて「丸目」にこだわったのは、ホンダのCBのアイデンティティを大切にした結果。ナンバーステーはホンダ車としては初となるスイングアームマウント。 www.motormagazine.co.jp

デザイン自由度の高い LEDヘッドライトを採用しながら、あえて「丸目」にこだわったのは、ホンダのCBのアイデンティティを大切にした結果。ナンバーステーはホンダ車としては初となるスイングアームマウント。

www.motormagazine.co.jp

This article is a sponsored article by
''.