近畿日本鉄道株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、KDDI株式会社は、2018年2月より、自律飛行するスマートドローンを活用した鉄道災害時における線路・送電設備の異常検知の迅速な情報収集に関する実証実験を開始します。

ドローンを使って災害情報収集!?

現在では鉄道設備の状況把握は、専用車両の走行による点検や、徒歩巡回による目視点検などが主な手法になっており、さらなる被害状況の把握や、効率的な復旧作業が求められています。そんな中、近鉄、KDDI、キヤノンMJの3社が4G LTE対応のドローンを使って、遠隔でより効率的で安全な設備点検の実現を目指すことに!

画像: ドローンを使って災害情報収集!?

より長距離の飛行が可能になり、高精細な映像を撮影できるキヤノン製のカメラを搭載したスマートドローンを使った実験は2018年の2月に行われます。この実験が実証されれば、時間の短縮、2次災害のリスクも軽減されることになります。

他にも農薬散布や配達サービスにも役立つスマートドローン!これからの活躍に期待ですね!

This article is a sponsored article by
''.