鈴鹿サーキットで2017年11月18日(土)・19日(日)に開催する「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017 」において、パガーニゾンダ・レボリューション(Pagani Zonda Revolution)、マクラーレン P1LM(McLaren P1 LM)が登場します!

見どころ!「マクラーレン P1 GTR」鈴鹿サーキットで初走行!

「パガーニ ゾンダ・レボリューション」は、イタリアのスーパーカーメーカー、パガーニが誇る世界限定5台のサーキット 専用モデルで、昨年の「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2016」にて鈴鹿サーキット初走行を行いました。

また、「マクラーレン P1 LM」は、「マクラーレン P1」をベースに作られたレース専用モデル「マクラーレン P1 GTR」を、 さらにモデファイし公道走行可能にした世界限定6台(販売は5台)のモデルで、本イベントが鈴鹿サーキット初走行となり ます。

■走行日時・場所

11月19日(日) 9:50~ 鈴鹿サーキット 国際レーシングコース 東コース

今年の「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」では、F1マシン21台、Group C13台、WGP4台、その他 レジェンドマシン・展示車両、今回決定した世界限定モデルのスーパーカーを含め、総勢300台を超える車両が集結するそうです。

今年はどんなエンジンサウンドが響きわたるのか。それぞれの車両が奏でる「SOUND」をぜひ会場で、お楽しみください!

This article is a sponsored article by
''.