70年代~80年代の時代の中で輝いていた音楽、フュージョン。 タワーレコードが発売する、 タワーレコードスタッフによる企画・選曲シリーズのフュージョン・コンピレーション「ANYTIME FUSION! The Best Fusion of Victor Archives」は、そんなあの頃を色鮮やかに思い出させてくれます。

クロスオーバーイレブン テーマ曲や、男女7人夏物語挿入歌も

本作は、 人気ラジオ番組のテーマ曲(NHK-FM『クロスオーバーイレブン』)をはじめ、 テレビ音楽情報番組のテーマ曲(深夜番組『トゥナイト』)、 トレンディ・ドラマの劇中音楽(ドラマ『男女7人夏物語』『男女7人秋物語』)、 24時間テレビ『愛は地球を救う』のテーマ曲、 CM曲(男性化粧品、 タバコ等)、 そしてタワーレコードの閉店音楽などあらゆるシーンで使用された、 今でも人々の心に当時の記憶とともに刻まれているフュージョンの名曲ばかりを集めた、 タワーレコード選曲による本格フュージョンコンピレーション。

V.A.「ANYTIME FUSION! The Best Fusion of Victor Archives」

また、 今年7月に発売されたワーナーミュージック音源による『EVERYBODY FUSION ! The Best Fusion of Warner Days』の続編となり、 今回は、 時代が生んだフュージョン名曲の宝庫であるJVCケンウッド・ビクター・エンタテインメント所有の音源から、 アジムス、 シャカタク、 フルーツケーキ、 デイヴ・グルーシン、 リー・リトナー、 渡辺貞夫らの名トラック2枚組30曲(¥1,500+税)が収録されています。 さらに、 最新K2HD PRO MASTERING音源を使用、 書き下ろしの楽曲解説付で各ディスク収録時間70分超となっています。

そんな時代、アルファロメオはF1復帰後初の表彰台に

Alfa Romeo 179C(1982年)

www.suzukacircuit.jp

1976年、チームにエンジン供給する形でF1に復帰したアルファロメオは1979年からワークスチームとして参戦。水平対向12気筒からV型12気筒エンジン換えた179を投入。1981年にはマリオ・アンドレッティがチームに加わりました。1982年にかけてアルファロメオは179C、179D、179Eと3種類のマシンを参戦させ、1981年の最終戦ラスベガスGPでアンドレッティが3位入賞。アルファロメオにF1復帰後初の表彰台をもたらしました。

マシンと音楽、リンクさせればもっと味わい深い

一瞬にしてあの時代、 あの記憶の中へ。 音楽が導いてくれるかもしれません。

【発売日】11月3日(金・祝)
【品番】NCS10172/10173 
【価格】¥1,500+税
【制作/発売】JVCケンウッド・ビクター・エンタテインメント
【企画/販売】TOWER RECORDS
【取扱い】タワーレコードおよびTOWERmini全店、 タワーレコード オンライン

This article is a sponsored article by
''.