バットマン率いるヒーロー軍団ジャスティス・リーグの紅一点ワンダーウーマン。彼女が生まれ育った島を出て、人間社会で活動することになった背景を描く。
ワンダーウーマンことダイアナを演じるガル・ガドットの肢体の美しさが映える。

女性だけの戦闘部族アマゾン伝説を背景にしたスーパーヒロイン

ギリシア神話に登場する女性だけの戦闘部族アマゾン。彼女たちはゼウスの特命を受けて、ゼウスに反旗を翻して一度は斃された軍神アレスと戦うことを使命としていた。
アマゾンが棲む島は、誰にも見つからないように特別に隔離された世界だったが、偶然ドイツ軍に追われた米国諜報部の諜報員スティーブ・トレバー大尉が迷い込む。

彼の命を救った、アマゾン随一の戦士であり王女でもあるダイアナは、彼の口から島の外では世界中を巻き込んだ(第二次)世界大戦が起きており、多くの人命が失われていることを知る。終わりなき戦争を引き起こしている張本人こそアレスであり、アレスを倒すことが自分に課せられた使命と心得るダイアナは、スティーブとともに島を抜け出し、ヨーロッパへと渡るのだが・・・。

真実の投げ縄と呼ばれる魔法のロープや、銃弾も弾き飛ばす銀の腕輪を武器に、超人的な活躍を見せる、世界最強の女性ヒーローの美しくしなやかなアクションが冴える。

徹頭徹尾ガル・ガドットの美貌と肢体を楽しめる映画

ストーリーとしては、宇宙からの侵略に備えてバットマンが率先して組成した、(DC版アベンジャーズとも言える)正義の超人集団ジャスティス・リーグに最初に加わることとなるワンダーウーマンが、隔絶されたアマゾンの故郷から人間社会へと移り住むことになるエピソードの紹介だ。

世界の悪行や戦争は、すべて軍神アレスの悪意にあると無邪気に信じるダイアナは、実はアレスは紛争のきっかけを与えているにすぎず、全ての争いは人間自身の心の中に潜む闇に起因していることを知ってしまい、一旦は絶望する。しかし、スティーブら命を捨てても多くの人間を助けようとする者達の心根を知ることで、彼女はスーパーヒーローとしての自覚を持つことになる。

その過程でダイアナは自らの本当の力を知り、世界最強の女性としての力量を示していく、というものだ。

ワンダーウーマンの衣装は、正直言うと、スーパーマンのそれと同じでいささか滑稽なのだが、ガル・ガレッドの長い手足と凛々しいまでの美貌が救って余りある。ストーリーそのものは見る前から容易に想像できるかもしれないが、とにかく彼女の魅力が本作を最強の一本にしている。なにしろ、笑顔を見せても、人間に失望する哀しげな表情を見せても、とにかく彼女は美しく、一瞬でも見逃したくなくなるのだから。

#tbt

Gal Gadotさん(@gal_gadot)がシェアした投稿 -

2017年11月23日が待ち遠しい

「ジャスティス・リーグ」でもバットマンを支えるパートナーとして活躍するワンダーウーマン。
彼女の魅力に浸るなら、絶対に劇場に行かなくてはならない。できるだけ巨大なスクリーンで観ないことにはもったいなさすぎる。

ガル・ガドットしかワンダーウーマンを演じることは許されない、本作を観たあなたは必ず同意してくれるはずである。

画像: 映画『ワンダーウーマン』本予告【HD】2017年8月25日(金)公開 youtu.be

映画『ワンダーウーマン』本予告【HD】2017年8月25日(金)公開

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.