ようやく観られました「ラ・ラ・ランド」。
どちらかというと苦手なミュージカル仕立てながら、愛しのエマ・ストーンと、僕のイチオシ俳優の一人ライアン・ゴズリング主演とあっては、やはり見逃せない一本。
夢を追う二人の男女の、恋の化学反応・・・ただし、終わりはかなり切ない。

主演の二人が最高すぎる

ジャズピアニストとして、自分の店を持つことを夢見るセブ。女優になる夢を持つミア。
二人の恋は突然始まり、そして不意に終わる・・・。

ミュージカル仕立ては嫌いな僕だが、二人のダンスと歌唱力には脱帽。ライアン・ゴズリングは相変わらずのセクシーさだし、エマ・ストーンは綺麗で可愛くて惚れずにはいられない。

画像: 主演の二人が最高すぎる

思っていたラストと違うけど・・

ラ・ラ・ランドというタイトルから、なんだか徹頭徹尾ハッピーな映画と思っていたけど、ちょっと違った。いや、ある意味ハッピーエンドなんだけど、僕の期待とは違った。
夢見る二人が出会い、恋して、互いの幸せを願う。
そんな映画なんだけど、どこか切ない。

ラストシーンのエマ・ストーンの微笑・・・泣けてくる。

画像: 思っていたラストと違うけど・・

ミュージカル嫌い?でもこれは観なきゃ!

観終わった時には、かならず恋をしたくなる。
秋は恋のシーズン。観てない人はすぐに観てください。

画像: 『ラ・ラ・ランド』本予告 www.youtube.com

『ラ・ラ・ランド』本予告

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.