オトコたるもの、女性の性格そして趣味嗜好やコンディションを読み取り、ココイチバンのホスピタリティを発揮したい。そのためには、あらゆるシチュエーションを妄想し、100万通りのシミュレーションをしておくことがマスト。

釣った魚にエサをやらないで成立するのは、20代前半まで

オトナな男性は、なんといってもジェントルマン具合が勝負の分かれ目。一旦オトした女性がいてもちょっと放っておくと、すぐにさいなら〜されてしまうかもしれない。
こちらのコーナーでは、"食"をテーマに、さまざまなシチュエーションから「ココだっ!」な一品まで、妄想に妄想を重ねてみる。ご参考にどうぞ。

ミッション:ワイン好き、仕事帰りのスレンダー女子を満足させる一皿を見極めろ!

渋谷で働く26歳のハルカと仲良くなったのは4ヶ月前。デートを重ね、時たま我が家に泊まりに来るようになった。スレンダーでスタイルも良く、年上と付き合ってきたことが多いらしいハルカは、男性に様々な店に連れて行ってもらった経験があると推察する。さらに背伸びしたがりの20代ということもあり、男との食事は気兼ねない居酒屋系よりも、多少洒落ているもののほうがテンション上がるらしい。ワインも好物である。今日は、彼女が仕事で少し帰りが遅くなるので、外で待ち合わせせずに直接我が家に来るという。

季節は夏。時間は21:30。

「ピンポーン」

ハルカが帰ってきた。

ワイン好きのハルカのために、近所のバルでいくつかテイクアウトしてきた。冷蔵庫にも食材は少しある。

まあ、いくつか出してやろう。さて、ハルカが喜んだ一皿はどれ?

  • 画像1: 釣った魚にエサをやれ。ワイン好きな仕事帰りのスレンダー女子が喜ぶ一皿を見極めろ!【モテ男の嗜み】
    スパイスで元気をチャージ!フィッシュフレンチカレー
  • 画像2: 釣った魚にエサをやれ。ワイン好きな仕事帰りのスレンダー女子が喜ぶ一皿を見極めろ!【モテ男の嗜み】
    サラダ仕立てで。オニオンスライス温玉乗せ からすみ風味
  • 画像3: 釣った魚にエサをやれ。ワイン好きな仕事帰りのスレンダー女子が喜ぶ一皿を見極めろ!【モテ男の嗜み】
    ここは煮込み料理で!オレンジビーフシチュー
  • 画像4: 釣った魚にエサをやれ。ワイン好きな仕事帰りのスレンダー女子が喜ぶ一皿を見極めろ!【モテ男の嗜み】
    スパイスで元気をチャージ!フィッシュフレンチカレー
    21
    7
  • 画像5: 釣った魚にエサをやれ。ワイン好きな仕事帰りのスレンダー女子が喜ぶ一皿を見極めろ!【モテ男の嗜み】
    サラダ仕立てで。オニオンスライス温玉乗せ からすみ風味
    62
    21
  • 画像6: 釣った魚にエサをやれ。ワイン好きな仕事帰りのスレンダー女子が喜ぶ一皿を見極めろ!【モテ男の嗜み】
    ここは煮込み料理で!オレンジビーフシチュー
    18
    6

ハルカが最も喜んだのは、C. 玉ねぎスタライスの温玉乗せ カラスミ風味だった。

水にさらしたスライスオニオンの水気をきり、温泉卵をのせる。市販のカラスミパウダーをふれば、キリッと冷やした白ワインにピッタリの一品があっという間に完成。

Aはスパイシーなところが夏にぴったり、魚だから夜でも食べやすい。白ワインにも合いそうだ。
Bは牛肉ではあるものの、オレンジを使いさっぱり仕上げることで、想像よりもさらっといただけそうである。赤ワインが進みそうだ。

しかし。あなたが用意してくれたものなら何でも嬉しい、と口先ではいうが、フォークを持つ手先は正直である。オニサラの消費量が明らかに多い。多いぞ。
時間が少し遅めであることもあり、サクっとおつまみ程度がちょうどよかった模様。スレンダーであることから、夜は少なめ、と体型にも気を使っているかもしれない。
そしてなにより、パパッとサラダを用意する後ろ姿、見られていたかも?

★こんな時に便利なのが、KALDIのカラスミパウダー

画像: www.kaldi.co.jp
www.kaldi.co.jp

外国人向けスーパーではよく見かけるカラスミパウダーだが、日本のスーパーでは取り扱いがないこともしばしば。ただ、これさえあれば、自宅の何気ない食材も一気に"料理"度がアップ。ハルカのワインも進むこと間違いなしだ。

KALDIであれば取り扱い店舗があるので、お近くのKALDIに寄った際はチェックしてみてはいかがだろう。チーズ等が並ぶ冷蔵ゾーンにあることが多い。

This article is a sponsored article by
''.