ヤマハ発動機株式会社とヤマハ株式会社が共同でデザインした⾳を奏でる電動アシスト⾞いす「&Y(アンディ)01」が、世界的に権威あるデザイン賞「Red Dot Award :コンセプト部⾨ winner」を両社とも初めて受賞しました!「&Y01」はこの受賞により、「グッドデザイン賞 2016」「iF Design Award2017」に続き、3つ⽬のデザイン賞受賞となりました。

「Red Dot Award」とは

ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的な格式の⾼いデザイン賞で、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3部⾨で、毎年卓越したデザイン性をもつ製品が選定されています。

&Y(アンディ)01

画像: 音を奏でる電動アシスト車いす「&Y(アンディ)01」

音を奏でる電動アシスト車いす「&Y(アンディ)01」

波間を思いのままに駆け抜ける⽩ヨットをイメージして、ヤマハ発動機とヤマハが共同で開発したデザインコンセプトモデル「&Y01」。

軽く滑らかに移動するヤマハ発動機の電動アシスト⾞いす「JW スウィング」に、ヨットの帆や⾳符のはたをイメージした薄く、軽く、柔軟なヤマハのスピーカー「TLF スピーカー」や⾞体両側の薄型パーカッションが⼀つになり、楽器に乗るという新体験を⽣み出します。

画像: &Y electrically power-assisted wheelchair that plays music youtu.be

&Y electrically power-assisted wheelchair that plays music

youtu.be

搭乗者は⾃然とパフォーマーとなり、⾳や⾳楽を鳴らしながら移動することで周囲との⼀体感が⽣まるのです。

現時点でも様々なイベントやパフォーマンスで使⽤されていますが、この賞をとったことにより今後もさらに「&Y(アンディ)01」を見る機会が世界中で増えていきそうで、いまから楽しみですね。

This article is a sponsored article by
''.