2017年5月11日(木)~31日(水)までの3週間、JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)が「ペーパードライバー限定アンケート調査」行ったところ、面白い結果がでました!

このアンケートは、「運転をしない最も大きな理由は何ですか?」など、ペーパードライバーの実態を調査するために実施したもので、456件(有効回答数)の回答が得られました。

“「運転ができたら」と思ったことはありますか?”という設問。さて、「はい」と答えたのは何%でしょう??

  • 24.7%

    正解は・・・
    全体で64.7%の方が「はい」と回答。

    特に18~29歳の方は、81.3%とかなり多くの方が「運転したい」と回答。
    また、運転再開するのに障害になっているのは、「運転に対する不安」(32.9%)が最も多く、3つ目に「運転技能をどう取り戻せばよいかわからない」(16.3%)など、実際に運転できないわけではなく、「外的要因」や「不安な気持ち」が原因だということがわかりました。
    「脱ペーパードライバー」するためには、その“不安”を取り除くため“運転技能”を取り戻すための講習やトレーニングが必要そうですね。

  • 44.7%

    正解は・・・
    全体で64.7%の方が「はい」と回答。

    特に18~29歳の方は、81.3%とかなり多くの方が「運転したい」と回答。
    また、運転再開するのに障害になっているのは、「運転に対する不安」(32.9%)が最も多く、3つ目に「運転技能をどう取り戻せばよいかわからない」(16.3%)など、実際に運転できないわけではなく、「外的要因」や「不安な気持ち」が原因だということがわかりました。
    「脱ペーパードライバー」するためには、その“不安”を取り除くため“運転技能”を取り戻すための講習やトレーニングが必要そうですね。

  • 64.7%

    正解は・・・
    全体で64.7%の方が「はい」と回答。

    特に18~29歳の方は、81.3%とかなり多くの方が「運転したい」と回答。
    また、運転再開するのに障害になっているのは、「運転に対する不安」(32.9%)が最も多く、3つ目に「運転技能をどう取り戻せばよいかわからない」(16.3%)など、実際に運転できないわけではなく、「外的要因」や「不安な気持ち」が原因だということがわかりました。
    「脱ペーパードライバー」するためには、その“不安”を取り除くため“運転技能”を取り戻すための講習やトレーニングが必要そうですね。

  • 24.7%
    32
    14
  • 44.7%
    32
    14
  • 64.7%
    36
    16

また、「運転ができたら」と考えている方にそう思った場面の調査の結果、もっとも多いのが旅行や外出などの“お出かけ”であり、その次が両親や子どもの“通院”のためでした。少子高齢化や地方の過疎化を考えると、今後“通院”や“介護”などの運転しなければならない場面が増えることが予測されます。

旅行中友人の運転を代わってあげたいなという時や、急に彼女ができて、彼女に「ドライブ行きたい!」なんて言われた際には「あ・・俺運転できないんだ」なんてとてもじゃないけど言えないですよね。

JAFではペーパードライバー講習の開催などもしているようなので、いまからでも遅くありません。ぜひ、“脱ペーパードライバー”していきましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.