藤元健太郎。コンサルティング会社D4DRの創業者であり、現在も社長を務める。
社名である「D4DR 」とは、ドーパミンD4受容体タンパク質のこと。人間の好奇心を司る遺伝子と言われている。一社でも多く、イノベーティブな企業を増やすお手伝いをする・・・藤元はD4DRという社名に込めた思いをそう語った。

リスクを恐れず、世間の風当たりにもひるまず、信念をもって前に進む男たち。同時に、ストイックなだけでなく、人生を楽しみ 快活に笑い、欲望や野心を隠さないが爽やかさを失わないイイ男たち。彼らをロレンスMENと呼び、不定期に紹介していく。

創業15年。苦労をしたという記憶がない(藤元)

「一番大変だったことですか?」藤元は首を傾げた。
あまり苦労したという覚えがないと彼は言う。「あえて言えば、リーマンショックの時はさすがにこりゃ大変だとは思いましたが」とは言ったものの、それも「月並みですね」と笑った。

D4DRは創業2002年。つまり今年は15年目になる。それなりに苦労もあったと思うのだが。
何かないですか?と食い下がってみると、ようやく藤元は”思いついた”という表情(かお)をしてこう言った。「育てたメンバー達が、卒業して独り立ちしていくときは確かに辛かったですね。もちろん喜ばしいことで、嬉しくもあるんだけど、優秀な人材に抜けられるのはやはり寂しいし痛い」

画像: 大きなカラダが特徴の藤元が使うと、MacBook Pro 15"も小さく見える

大きなカラダが特徴の藤元が使うと、MacBook Pro 15"も小さく見える

ストレス解消は食べること

D4DRのオフィスは麻布十番と赤羽橋の間にある。
最近、麻布十番の佐賀牛のテイクアウトの店にはまっているそうで、A5ランクのお肉のすき焼きをゲットした帰りにコンビニで白米を買って、特製牛丼を作るのが楽しみだとのこと。

「美味しいものを食べるとストレス発散になりますよ」藤元はそう言って笑った。

画像: 藤元健太郎 ディー・フォー・ディー・アール株式会社(D4DR inc.) 代表取締役社長 野村総合研究所を経てコンサルティング会社D4DR代表。広くITによるイノベーション,事業戦略再構築,マーケティング戦略などの分野で調査研究,コンサルティングを展開。様々なスタートアップベンチャーの経営にも参画し,イノベーションの実践を推進している。経済産業省産業構造審議会情報経済分科会委員,青山学院大学大学院国際マネジメント研究学科ExectiveMBA非常勤講師,関東学院大学人間共生学部非常勤講師などを歴任。 現在日経MJでコラム「奔流eビジネス」を連載中。

藤元健太郎
ディー・フォー・ディー・アール株式会社(D4DR inc.) 代表取締役社長
野村総合研究所を経てコンサルティング会社D4DR代表。広くITによるイノベーション,事業戦略再構築,マーケティング戦略などの分野で調査研究,コンサルティングを展開。様々なスタートアップベンチャーの経営にも参画し,イノベーションの実践を推進している。経済産業省産業構造審議会情報経済分科会委員,青山学院大学大学院国際マネジメント研究学科ExectiveMBA非常勤講師,関東学院大学人間共生学部非常勤講師などを歴任。
現在日経MJでコラム「奔流eビジネス」を連載中。

This article is a sponsored article by
''.