1995年に講談社の「週刊ヤングマガジン」で連載が開始された、しげの秀一先生の永遠の名作「頭文字D」。限りなくリアルなバトル描写や迫真のスピード感。すべてのクルマ好きの夢が詰まったDの世界。その中でも一番の見せどころである様々な強敵との峠バトル!今回は藤原とうふ店 藤原拓海 AE86 トレノvs エンペラー 須藤京一 ランサーエボリューションⅢに注目したいと思います。

ハチロク初の敗戦…

画像1: (頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

赤城でバトルする拓海の心は千々に乱れていた。ラブホテルから出てくるベンツに茂木なつきが乗っているのを見てしまったのだ。拓海は恐るべき適応力と峠センスで初めて攻める赤城のコースで善戦するが、S字で京一のカウンターアタックに屈してしまう。しかし、タイヤのトータルグリップの全てをコーナリングスピードに変え、京一のエボⅣより速いスピードで曲がって行く。拓海の意識がマシンと一体になった時、ハチロクのエンジンから悲痛な異音と共にオイルが吹き出した…。

画像2: (頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

ドラテク特訓道場である東堂塾出身で、エンペラーのリーダー。

高橋涼介によると、「基本に忠実でハデなアクションをきらう」「ねちっこく相手の弱点をついて
くる」「えげつないぐらい合理的な作戦を選ぶ奴だ」と、目立たず着実に勝利をつかみ取るタイプと言われている。

バトルフィールド:赤城道路

画像3: (頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

レッドサンズの本拠地となっているこの峠を走るのは、このバトルが初めてだった拓海。しかし、天性の適応能力と、本能むき出しの走りで、リードしていた京一に凄まじい追い上げを見せるのです。

三菱ランサーGSR エボリューションⅢ

画像4: (頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(頭文字Dファンブック©しげの秀一©講談社©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

ラリーでの高速バトルに対応するため、大胆なエアロフォルムを身につけたエボⅢ。広いエアダムを持つフロントバンパー、厚みを増したサイドステップ、ボリューム感たっぷりのリアバンパーの存在感は強烈。リアスポも翼断面形状を持つ超大型タイプとなった。

なつきとの恋愛に打ちひしがれた精神状態での京一との極限バトルに、ドライバーの気持ちとシンクロしたかのようなエンジンブロー。
拓海とハチロクの絆の強さのようなものを見せつけられたバトルでした。

そして、父親の文太以外に拓海が負けた初めてのバトルとなったのです。

This article is a sponsored article by
''.