8月に発売されてから、巷で「ロープライスなのに走りが高級!? 」 なんて噂されているスズキのSV650 ABS。そうまで言われると1回、どんなバイクか乗ってみたいのがライダーの人情ってものですよね。でも、実際に乗るチャンスが無い……と思っていたら、全国にSVの試乗車があるお店って60店舗以上あるんです! という訳で試乗体験、実際に申し込んでみましたよ! いざ、SVに挑戦!

SV650の試乗車、調べてみたら全国に60店舗以上もあって驚きました(汗)

画像: 撮影/柴田直行 モデル/先川知香

撮影/柴田直行 モデル/先川知香

最近はメーカーのホームページから試乗車が用意されているお店が検索ができるんですね。まったく便利な時代になりましたよ。でも、お店での試乗って……ぶっちゃけて言うと、ちょっと緊張しませんか? もう絶対に欲しい!って思っているなら強気でイケますけど、愛車と比べてみたいとか、自分でも乗れるかチョット試してみたいっていう時は、若干ためらっちゃうんですよね。なので、実際にやってみたらどうなのか? 今回は体当たりでトライします。 突撃!? 近所のSV試乗へGO!

試乗車はWEBから探せます。SV650専用の試乗車検索ページがあるんです!

画像: スズキのオートバイのトップページです。画面のド真ん中にある 試乗車検索からでもOKですが…SV650 の車両のページに行くと……

スズキのオートバイのトップページです。画面のド真ん中にある 試乗車検索からでもOKですが…SV650 の車両のページに行くと……

いちばん下にありました!「SV650 試乗車設置店検索」。いやホント便利すぎる……

画像: いちばん下にありました!「SV650 試乗車設置店検索」。いやホント便利すぎる……

ポチッとクリックしてみると……わかりやすく近所のバイクが調べられます!

画像: ポチッとクリックしてみると……わかりやすく近所のバイクが調べられます!

WEBでお店を調べて、電話するのが手っ取り早い(笑)

上の検索ページから各店の「問い合わせ」にメールっていう手段もありますけど、今回の場合は思い立ったら即、試乗っていうノリでしたので、とりあえず近くのスズキワールド世田谷南に電話しました。この瞬間がいちばん緊張するんですよねえ……プルルルル、ガチャ!

『はい、スズキワールド世田谷南、鵜飼です』
『あのう、すみません……SV650の試乗ってお願いできますか? できれば今日……』
『ええ、大丈夫ですよ! いつ頃いらっしゃいますか?』
『え、あ、じゃあ1時間後くらいで……』
『わかりました、お待ちしております! お名前を頂戴してもよろしいですか?』

あっさりOKでした。電話する前の緊張してた自分がバカみたいです。まぁ、得てしてそういうものだとわかってはいるんですけどね。では、行ってみましょうか、スズキワールド世田谷南!

さすがディーラー!? という規模の店構えですが……

画像: ■スズキワールド世田谷南 東京都世田谷区上野毛2-50-20 TEL03-5707-9819 営業時間や定休日など店舗情報はコチラからどうぞ!

■スズキワールド世田谷南 東京都世田谷区上野毛2-50-20 TEL03-5707-9819

営業時間や定休日など店舗情報はコチラからどうぞ!

お店は環八通り沿いにドーンとありました。恐る恐るお店に入って名前を告げると、とっても丁寧な対応で案内してもらえました。さすが都内有数の規模のディーラーです。分け隔てのない、ビシッとした対応が逆に安心で、好印象です。

試乗コースは走りやすさバツグン! 充分にSV650を体感できます。しかも……

スズキワールド世田谷南では、試乗前にインナープロテクターを貸し出してくれます。先導ライダーも知香ちゃんも安全対策までバッチリだから安心して試乗できます!

あまり土地勘が無いので今回はスタッフのかたに先導をお願いしました。もちろん、どのお店でも先導があるわけじゃないと思いますから、そこはお店に要確認です。でも、不慣れな場合はやっぱり安心ですよね。当然、こちらのお店でも、自信のあるライダーはひとりで試乗してOKです。

世田谷ですから、もっと交通量が多いのかと思っていたんですけど、さすがは地元を知り尽くしていますね。すこし裏道に入った川沿いの試乗コースはスイスイと走れました。この日は天気も良くて気分最高なシチュエーションです。冬でも昼間はけっこうあったかいですから、休日の過ごし方としてもSVの試乗体験ってオススメかもしれません。

ところで、試乗から戻ってきた知香ちゃん、めっちゃ笑ってました。
『SVって、すっごい乗りやすいんですね! いつもは250ccに乗ってるのに、違和感なく乗れちゃいました。良い意味で大型バイクに乗ってる感じがしないんです。でもパワーがあるから、低いスピードですこしギクシャクしちゃって……だから、もうちょっと乗っていたかったかも!』

ホントに楽しかったみたいです。そこで、それを聞いた鵜飼店長がひと言。

『もうすこし乗ってきますか? 運転も大丈夫そうですし、近くに高速道路もありますよ?』

試乗に伺った日は平日だったので、時間的にも余裕があって、今度はひとり試乗タイムです。お客さんがたくさん来る「週末」や「祭日」の場合はさっきの試乗コースがメインらしいのですが、平日は希望があれば、こちらのお店は1~2時間程度の試乗貸出もOKらしいのです。じっくりSV650を味わうなら、平日が狙い目ですね! でも、お店によって試乗内容の自由度は変わると思いますから、試乗に挑戦してみたい!と思ったら、それぞれのお店で確認してみてくださいね。

高速道路にも乗ってみた! SV650、これってスゴいじゃないですか!?

画像: 高速道路にも乗ってみた! SV650、これってスゴいじゃないですか!?

スズキワールド世田谷南はすぐ近くに有料道路、第三京浜の入口があるんです。SVをもっと知るべく高速道路へGO! さっきの試乗コースで慣れたのか、知香ちゃん、けっこう自由自在にSV650を操ります。コンパクトで軽いですからね、女性ライダーでも安心できるのがSV650の良いところ。もちろんアクセルを開ければ、スズキの「隠れた名機」と呼ばれる650ccのVツインエンジンが元気に加速します。運転はイージーなのに、けっこうパワーあるんです! 第三京浜の制限速度はMAX80km/hですけど、本当にあっという間でした。そこはさすがに650cc、パワフルです!
『パワーもですけど、改めて、安定感がすごかったんです。スピードが上がっても、ビシッとしていて全然フラフラしない。交通の流れに乗るのもラクラクで、安心たっぷりでした』

そうなんですよ! SV650に限らず、スズキのオートバイって基本的にエンジンも良いんですけど、フレームとか足周りがすごくしっかりしているんですよね。走りに対して手抜きや妥協が一切感じられないのです。SV650も当然同じで、定価が73万円強だなんて思えないほど頼れる走りをしてくれるんです。こればっかりは乗ってみないとわからないことですからね、是非一度、みなさんも体験してみてください。SVって「オートバイ乗りとしての経験値」がアップするバイクですから!

試乗が終わってからも安心。リラックスして楽しめました!

高速道路でSVをたっぷり味わい尽くした後、お店に戻ると温かい飲み物を出して頂けました。これからの季節はこういう気遣いが嬉しいですね。それに「お店での試乗」って乗ったあとに、もっとガンガン話かけられるのかと思っていたんですけど、試乗から帰ってきてからも、ゆっくりさせてもらえました。うん、試乗って、思ったよりもビビらなくて大丈夫みたいです(笑)

スズキワールド世田谷南は、特にそういう部分がしっかりしているお店だなって感じました。変に馴れ馴れしくもないし、お店の人との距離感がつかみやすいんです。おかげで知香ちゃんも、SV650っていうバイクをしっかり満喫することができました。とっても満足みたいです!

全国に試乗車を積極的に配置中!? SV650を体験するなら今がチャンスです!

乗ったことがないオートバイに乗るのって、それ自体が楽しいですよね。そのうえで、ちょっとでもSV650が気になっているなら、尚更ワクワクするってものです。

今回は東京での試乗体験でしたけれど、SV650の試乗チャンスは全国各地にありますから、これは特別なこと、ではないんです。ちなみに、実際に体験してみて思ったのは「乗れるものは乗っておかないと損だな」っていうこと。試乗したら買わないといけない……みたいな空気があるのかと思って尻込みしがちだったんですけど、イマドキはもうそんな時代じゃないんですネ。最初に書いたとおり、WEBで近くに試乗車があるかどうかイッパツで探せますしね!

しかも、どうやら今、SV650は重点的に全国のスズキのお店に試乗車が設置されているみたいなんです。つまりそれは皆さんの近所にも試乗車がある可能性が高いっていうことで、SV650を体感するなら今がチャンス! ってことになります。
オートバイ乗りの皆さん、このSV650っていうオートバイは一回乗ってみないと損かもしれませんよ? だってこのオートバイ、自分で走らせてみると笑っちゃうくらい面白いですから!

どれくらい楽しいかって言うと……

衣装協力:Rosso StyleLab / www.j-amble.com

これくらい! 誰でも笑顔になっちゃうオートバイなんです!!

「SV650 ABS」の試乗車、きっと近くのお店にあります!

This article is a sponsored article by
''.