さらにクロスオーバー色が強くなったデザインを採用

2011年に登場したコンパクトSUV「MINIクロスオーバー」が、遂にフルモデルチェンジをはたした。個性豊かなデザインはそのままに、さらに高級感とクロスオーバー色が増したフォルムを採用している。ボディサイズは従来モデルに比べてさらに大型化され、全長+200mm、全幅+30mm、ホイールベース+75mmも拡大された。エンジンは従来モデルと同様に、ガソリンとディーゼルをラインナップするようだが、注目は新たに加わるプラグインハイブリットモデルだ。11月14日から開催される「ロサンゼルスオートショー2016」で正式に発表され、本国でのデビューは2017年初頭を予定している。

画像1: さらにクロスオーバー色が強くなったデザインを採用
画像2: さらにクロスオーバー色が強くなったデザインを採用
画像: MINI Presents: The New MINI Countryman www.youtube.com

MINI Presents: The New MINI Countryman

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.