男はいつまでオートバイ乗りの精神を持ち続けていられるのか。男はなぜオートバイに惹きつけられていくのか。そして男はなぜ速いものに憧れ、速いものを憎むのか。「バイク乗りのバイブル」としてバイクを愛する男たちに愛され続ける『キリン』の物語を紐解いていきたいと思います。

THE HORIZONTAL GRAYS(5巻~ 18巻)

高校生の不破雅樹は峠最速の「むてきんぐ」集団のトップとして君臨していたが、ある日、ピンクホイールの刀「ウィンディー」と呼ばれる女性ライダーが現れ、バトルを仕掛けるがあっさり負けてしまう。ショックを受けたマサキは限定解除を決意。同じクラスの仲間を巻き込んで、オートバイに取りつかれた精神の深みにのめりこんでいく。
仲間はそれぞれ青春を謳歌し、あるものはレースに開眼し、またあるものは4輪へと移っていくが、マサキは高校を中退してバイク便で生計を立てながら、さらなるスピードの限界へと自分を追い込んでく。マサキが首都高で知り合った年上のバイク仲間「バーン・ストーム・トゥルップス」のタイゾーが切り盛りしているカフェ「ランブル」に入りびたり、その仲間であるチョースケやさまざまに個性的な男たちと知り合いながら、ゆっくりと大人の扉を開けていく。そんな時、チョースケが首都高で4輪の走り屋「ドーン・コメッツ」の1台とバトルになり、転倒。あっけなく死んでしまう。
マサキはチョースケの死を受け入れることができず、荒れた心のまま日々を送るが、タイゾーたちの語る「キリン」の言葉が次第に心に染み込んでいき、その意味はわからないまま、スピードの向こう側を覗き見るようになる。

若かりし頃の無謀なバトル!ロレンス読者の皆さんは負けられない最速バトルの思い出はありますか?

  • 当たり前!俺は今でも負けられないバトルを戦い続けてる現役さ!
  • もちろん!!!俺が最速!誰にも負けない時代があった。
  • 永遠のライバルがいたけど、結局勝てなかったなぁ・・・
  • 最速?興味ないね。バイクは楽しくのんびり派!
  • 当たり前!俺は今でも負けられないバトルを戦い続けてる現役さ!
    36
    344
  • もちろん!!!俺が最速!誰にも負けない時代があった。
    19
    179
  • 永遠のライバルがいたけど、結局勝てなかったなぁ・・・
    16
    155
  • 最速?興味ないね。バイクは楽しくのんびり派!
    29
    281

バイクの楽しみ方は十人十色!速さだけが全てではありません。
それでもバイク乗りの魂はキリンに憧れずにはいられないものですよね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.