日本が世界に誇る技術、車。そんな日本の名車をエンジンと一緒にクイズ形式でお勉強!懐かしの名車とエンジンの組み合わせ。あなたは知っていますか?

軽自動車最強、スズキ軽の到達点:
SUZUKI ALTO TWINCAM TURBO WORKS RS-X 【CA72】
(ホリデーオート@モーターマガジン社)

画像: (ホリデーオート@モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(ホリデーオート@モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

駆動方式:FF 10モード燃費:30.5㎞/ℓ(60㎞/h定地) 最高速:163.64㎞/h 
ゼロヨン:16.87秒 ※実測値

SUZUKI CA72に搭載されたエンジンの名前は?

画像: 【名車×エンジンクイズ!昭和編 vol.41】SUZUKI CA72に搭載されたエンジンの名前は?

正解だと思うエンジン名をクリックしてね!

  • 他の追随を許さないリッター換算117.8psを達成:F5A+TURBO
  • 世界初のダイレクト イグニッションを採用:RB20DET
  • FF用に開発された小型軽量の新世代機:E15ET
  • 他の追随を許さないリッター換算117.8psを達成:F5A+TURBO
    88
    132
  • 世界初のダイレクト イグニッションを採用:RB20DET
    5
    7
  • FF用に開発された小型軽量の新世代機:E15ET
    7
    11

正解は![Power unit] F5A+TURBO
8000rpm以上回せるクラス最強の4バルブDOHC

スズキ軽の最高峰が、550㏄の直3DOHC12バルブに過給圧0.9kg/㎠のI.C.ターボを装備して軽最強の座に就いたワークス用F5A。90年には規格改正で660㏄のF6Aに換装。トルクを8.7kgmにあげ、ミラターボ、ミニカダンガンと覇を競った。

エンジン形式:F5A(EPIターボ) エンジン種類: 直3DOHCインタークーラー付きターボ
内径×行程: 62.0×60.0㎜ 排気量:543㏄ 圧縮比:8.0 最高出力:64ps/7500rpm(N)
最大トルク: 7.3㎏m/4000rpm  燃費供給装置:EPIF5A(EPIターボ)

走りを追及した軽の元祖!今でもお気に入り!という方も多いのではないでしょうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.