日本が世界に誇る技術、車。そんな日本の名車をエンジンと一緒にクイズ形式でお勉強!懐かしの名車とエンジンの組み合わせ。あなたは知っていますか?

当時最強エンジンを搭載した速さ自慢のFFスポーツ:
DAIHATSU FELLOW MAX・S 【L38】 (ホリデーオート@モーターマガジン社)

画像: (ホリデーオート©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(ホリデーオート©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

駆動方式:FF 10モード燃費:24.0㎞/ℓ(60㎞/h定地) 最高速:120㎞/h   ゼロヨン:19.8秒

DAIHATSU L38に搭載されたエンジンの名前は?

画像: 【名車×エンジンクイズ!昭和編 vol.40】DAIHATSU L38に搭載されたエンジンの名前は?

正解だと思うエンジン名をクリックしてね!

  • インタークーラー付きターボでパワーアップ:RB20DET
  • こいつの心臓はハイスペック:MA09ERT
  • 360cc軽時代の最強エンジン:ZM5
  • インタークーラー付きターボでパワーアップ:RB20DET
    4
    4
  • こいつの心臓はハイスペック:MA09ERT
    3
    3
  • 360cc軽時代の最強エンジン:ZM5
    93
    88

正解は![Power unit] ZM5
軽で初めて40psの大台に到達リッター当り出力は驚異の112.4ps!

360㏄軽の史上最強エンジンがZM型。2ストロークの水冷直2に11.0の超高圧縮比を与え、40psを絞り出した。典型的な高回転高出力型で、ピークパワー発生は7200rpm。高回転を維持すれば最高速度120km/hオーバーの性能を堪能できた。

エンジン形式:ZM5  エンジン種類: 2ストローク直2 内径×行程:62.0×59.0㎜ 
排気量:356㏄ 圧縮比:11.0 最高出力:40ps/7200rpm 最大トルク:4.1㎏m/6500rpm 
燃費供給装置:アマル×2

『40馬力のド根性』で有名なフェローMAX。現在の構成の軽自動車の始まりの1台とも言える1台ではないでしょうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.