キタキタキタ!
見てください、このオーセンティックなデザイン。2015年11月のイタリア・ミラノショーで発表されて以来、2016年1月からは海外市場への輸出が先行していましたが、ついに日本市場への投入が決定!

軽量スリムの650cc。中量級ボクサーで言えば、まるでメイウェザー・Jr.の再来だぁ
(ロレンス編集部)

水冷90°V型2気筒645ccのエンジンは76.1ps/8,500rpm x 6.5kgf-m/8,100rpmと必要十分なパワーを発揮。196Kgという軽量ボディだから、毎日が楽しくなること請け合いの俊敏バイクの登場です。しかもABS搭載で、価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込)738,720円。
念のために消費税抜きの価格はというと、・・・・ おぉ、70万円を切っている(684,000円)じゃあーりませんか!?

絶対的なパワーではなく、扱いきれるちょうどいいパワーと、小気味いいハンドリング。
ミドルクラスのロードスポーツの楽しみ方をとことん追求したモデルがSV650 ABSってわけですなっ。

これなら女子でも扱えそうだし、ロレンス女子たちも大型免許挑戦、ってことになるかもです。

詳しいスペックはこちらの記事をどうぞっ。

This article is a sponsored article by
''.