夏のドライブの悩みの種 “高温になった車内の温度を早く下げるにはどうしたら良いのか?” をJAF(一般社団法人日本自動車連盟)が検証し、その結果をホームページに公開しました。

画像: 【豆知識】高温になった車内の温度を素早く下げる方法は?

テストでは、同じ車を5台用意して、車内温度が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ下記の5つの方法で温度を下げるテストを実施して、車内の温度の変化を測定しました。
1)ドア開閉 2)冷却スプレー 3)エアコン外気導入 4)エアコン内気循環 5)エアコン+走行

画像: テストの結果をグラフ化。ドアの開閉と冷却スプレーは効果が低いことがわかります。(グラフ作成:JAF)

テストの結果をグラフ化。ドアの開閉と冷却スプレーは効果が低いことがわかります。(グラフ作成:JAF)

テストでは、エアコンを使わない「ドア開閉(5回)」で47.5℃、「冷却スプレー」で3分後に50.1℃に低下しました。 エアコンを使用した3パターンのうち最も温度が下がったのは「エアコン(内気循環)」で10分後に27.5℃、「エアコン(外気導入)は10分後に29.5℃、「エアコン+走行」では5分後にテストスタート時の55℃の約半分となる28.0℃まで低下しました。

検証では、「エアコン+走行」が最も早く車内温度を下げることがわかりました。さらに、JAFは“窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことが最も効率的である”としています。

画像: 出発時は “窓を全開で、エアコンを外気導入にして走行” が車内の冷却には効果的でオススメです。

出発時は “窓を全開で、エアコンを外気導入にして走行” が車内の冷却には効果的でオススメです。

お盆休み中のドライブ時に、この車内の冷やし方を試してみてはいかがでしょうか?

さらにJAFは、
・車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボードなどに熱が蓄積していて、あまり温度が下がっていない場合がある。
・チャイルドシートの表面やベルトの金具で、やけどを負うこともある。
・車内で冷却スプレーを使う際には、引火事故を防ぐために火気には十分注意すること。
といった注意を呼びかけています。この実験の詳細は下記のリンクをご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.