新ジャンル・カーライフを楽しむ方必見!ホリーデーオート8月号臨時増刊として登場した、輸入車情報マガジン『輸入車道楽 SHALUCK(シャラック)』より、魅力的な名車たちやクルマ好きの心をくすぐられる情報を、チラッとだけお見せしてご紹介していきます!(あぁこ@ロレンス編集部))

今回は、初代モデルより最多販売車であり続けた、 BMW の看板モデルたちに注目してみました!

いきなりですが、ここで問題です!“六本木のカローラ”と呼ばれていたのはどちらでしょうか?

  • 画像1: 『スポーツセダンの代表車』BMW3シリーズの歴史を振り返り、クイズにしてみました!【輸入車情報マガジン輸入車道楽SHALUCK】
    ①小型スポーツセダンの走りの基準を確立した E21型(1975年)
  • 画像2: 『スポーツセダンの代表車』BMW3シリーズの歴史を振り返り、クイズにしてみました!【輸入車情報マガジン輸入車道楽SHALUCK】
    ②レースでも大活躍した E30型(1990年)
  • 画像3: 『スポーツセダンの代表車』BMW3シリーズの歴史を振り返り、クイズにしてみました!【輸入車情報マガジン輸入車道楽SHALUCK】
    ①小型スポーツセダンの走りの基準を確立した E21型(1975年)
    14
    13
  • 画像4: 『スポーツセダンの代表車』BMW3シリーズの歴史を振り返り、クイズにしてみました!【輸入車情報マガジン輸入車道楽SHALUCK】
    ②レースでも大活躍した E30型(1990年)
    86
    80

正解は、②レースでも大活躍した E30型(1990年)でした!当時、バブリーな六本木はBMW3シリーズでナンパ目的で男性陣は列をなしていたそうですよ ♥︎

こちらから、2車種の詳細です!

E21型 (1975年)

画像1: ©輸入車道楽 SHA LUCK Vol.1 www.motormagazine.co.jp

©輸入車道楽 SHA LUCK Vol.1

www.motormagazine.co.jp

3シリーズの名を初めて名乗ったのは、1975年に登場したE21型。事実上の先代となる 2002シリーズのスクエアなフォルムを受け継ぎ、1.6、1.8、2ℓのエンジンはすべて4気筒。 前ストラット、後セミトレーリングアーム方式の4輪独立サスペンションなど、その後のBMWの標準となるメカニズムを搭載。ベーシックグレードは写真の2灯式だが、2ℓ車は4灯式のヘッドランプを持ち、より精悍な表情が与えられていた。

E30型 (1990年)

画像2: ©輸入車道楽 SHA LUCK Vol.1 www.motormagazine.co.jp

©輸入車道楽 SHA LUCK Vol.1

www.motormagazine.co.jp

1982年に登場した2代目3シリーズ、E30型は、E21型の正常進化。ただし、エンジンは6気筒がメインとなる一方、86年に登場したツーリングカ ーレース参戦用のM3は、レーシングエンジンがベースの4気筒2.3ℓDOHCを積む。ボディも4ドアと2ドアのセダンのほかにツーリングと呼ぶワゴンやカブリオレも設定。バブル景気に沸く80年代後半の日本では、六本木のカローラなどと呼ばれて金持ち坊ちゃんの象徴となった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.