画像: 5月25日に日本で初披露されたロールス・ロイス・レイス・ブラック・バッジ。

5月25日に日本で初披露されたロールス・ロイス・レイス・ブラック・バッジ。

成功者の証、ロールス・ロイスの大胆なモデル

2016年のジュネーブオートサロンでロールス・ロイスが発表した「レイス・ブラック・バッジ」が日本の顧客向け内覧会で初披露された。

画像: この日のために来日したスヴェン・グルンワルド(アジア太平洋地域 プロダクト・オペレーションマネージャー/写真左)氏とマイケル・シュナイダー(アジア太平洋地域  セールス ジェネラル・マネージャー/写真右)氏。

この日のために来日したスヴェン・グルンワルド(アジア太平洋地域 プロダクト・オペレーションマネージャー/写真左)氏とマイケル・シュナイダー(アジア太平洋地域 セールス ジェネラル・マネージャー/写真右)氏。

成功者たちは、かつての先人がそうだったように、自分のライフスタイルを表現する最適なブランドとしてロールス・ロイスを選ぶ傾向が強くなっているようだ。そんな成功者たちに向けたのが「レイス・ブラック・バッジ」である。

「ブラック・バッジ開発の過程で私たちが注力したのは、新しいお客さまにが抱える多様なニーズを満たすことでした。彼らは自分自身についてそれぞれ異なるイメージを持っており、それをアピールするためにロールス・ロイスにエンジニアリングの眞の実質を求めています。その結果、ブラック・バッジ・スピリットは、入念に考慮された一連のデザイン要素によって、ダーク調のラグジュアリーで精巧な作りをアピールする形になったのです」とデザインディレクターのジャイルズ・テイラー氏は語る。

画像: 成功者の証、ロールス・ロイスの大胆なモデル

まず視覚に入る変更点はフライング・レディ

画像: デザイン、姿勢、素材はこれまでと同じフライング・レディだが……。

デザイン、姿勢、素材はこれまでと同じフライング・レディだが……。

レイス・ブラック・バッジの第一の変更点は、フライング・レディに高光沢ブラックカラーが使われ、まるで妖婦のような雰囲気を放っているところだろう。同様にフロントエンド、サイドパネル、そしてテールを飾るダブルRRバッジの配色は反転され、ブラックを背景としたシルバーとなった。

ブラックのボディカラーには新しいレベルの色彩強度が与えられた。ペイントとラッカーを何層も塗り重ねした上、手作業で繰り返しポリッシュして仕上げられるのである。つまり塗装とポリッシュにかつてないほどの手間がかけられているということ。それにより深みと黒色度、色彩強度を持つブラック塗装に仕上がっている。

提供するのは無限の可能性

成功者たちが、ロールス・ロイスの特注プログラム「ビスポーク」が提供する無限の可能性に期待するのは“まるで自分のことを表現したようなロールス・ロイス”だという。そうした人たちを高いレベルで満足させるため、レイス・ブラック・バッジは作られるのである。

画像: レイス・ブラック・バッジのインテリア。

レイス・ブラック・バッジのインテリア。

画像: インテリアのカラーリングは、コバルトブルー。

インテリアのカラーリングは、コバルトブルー。

V型12気筒エンジンから632psを発生する

レイスはドライバーズカーであり、自分でハンドルを握り運転してこそ、その歓びは味わえる。その走りを支えるパワートレンーンは、最高出力465kW(632ps)を発生する6.6リッターV12DOHCツインターボエンジンに8速ATを組み合わせている。

ちなみにレイス(Wraith)とは亡霊のこと。ロールス・ロイスの車名はファントム(Phantom)=幻、ゴースト(Ghost)=幽霊といった名前が付けられている。

このレイス・ブラック・バッジは2016年までに発売を開始する予定である。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.