2016年4月29日に袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催された、第20回袖森フェスティバル。 

画像: Photo by  横田祐一

Photo by 横田祐一

この袖森フェスティバルは、レーシングドライバーである澤圭太さん主催のライセンス不要の走行会。
モータースポーツを趣味にしている人達にとって、サーキットを走るというのはお金もかかるしリスクも有るしで、家族や恋人など自分の大切な人達に理解してもらい難い。
でもでも!それは、その大切な人達がモータースポーツをイメージでしか知らないからでは?

そんなマイナスのイメージだけで肩身の狭い思いをしながら、コソコソサーキットを走りに行くのではなく、この際みんな連れてきちゃって、サーキットの楽しい面も一緒に体験してもらい、ディズニーランドに行くようにみんなで一緒に楽しんじゃおう!そんなコンセプトで開催されている車の走行会イベント。
通称は「袖フェス」。

レーシングドライバー澤圭太ってどんな人?

画像: www.facebook.com
www.facebook.com

名前:澤 圭太
生年月日:1976.8.16生
出身地:千葉県出身
血液型: B型
15歳でレーシングカートを始める。
千葉県新東京サーキットをベースに地方選手権チャンピオン、全日本レーシングカートで活躍後、
1998年4輪レースに転向。
2001年には全日本F3選手権に参戦。2002年から全日本GT選手権(現スーパーGT)に参戦し好成績を残し、着々とステップアップする。
2006年から海外レースに転向、ポルシェカレラカップアジア(PCCA)等のレースで着実にキャリアを積み上げる。
2015年にGT-ASIAでシリーズ2位、Asian Le Mansでシリーズチャンピオンになり、レーシングドライバーとしての夢であった、LeMans24Hの出場権を獲得。
2016年6/18-19日に開催される決勝に向けて準備中。

そんな、アジアで活躍している日本人プロドライバーのパイオニアである澤圭太さんの主催する袖フェスっていったいどんなイベントなのでしょう?

走行プログラム

いくら家族で楽しめたって、本来の目的であるサーキット走行が楽しくなくちゃ意味がない!という事で、まずは走行プログラム。

画像1: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

基本的なクラスはこの4種類!!!

ワンスマ走行会
サーキット走行に慣れた方向けのフリー走行会クラス。走行本数に応じて2クラスがあり、さらに申告タイムによりグループ分けを行います。

もうすぐ走行会デビュー
これからサーキット走行を始めたいという人向けのクラス。徐々にコースに慣れて、最後にはフリー走行も行います。袖ヶ浦初走行のお試しにも最適です。

体験走行
先導車に続いて走行、追い抜き禁止でまずは袖ヶ浦を下見してみたいという方向けのクラス。速度により2つのクラスがあります。

クムホタイヤプレゼンツ袖-1GP
ラップタイムと車種毎に設定された基準タイムの差に、気温と路面のコンディションによる補正を加えてスコア化する独自のランキングシステムを採用。車種や季節に縛られずに競うことができます。さらに、レーシングウェアやハンスデバイス、ハーネスなどの有無もスコアに反映し、安全への意識を啓蒙。袖ヶ浦を走るジェントルマンドライバーに新たな目標とライバル、そして楽しみを提供します。

画像: Photo By 細田雅紀

Photo By 細田雅紀

サーキットを走った事が無い初心者からエキスパートまで色々なクラスが選べます。
それ以外にも、タイヤメーカーやチューニングショップなどのタイアップで走行の選択肢はいっぱい!!!
ちなみに、今回開催されたタイアップ走行クラスは、クムホタイヤ装着車限定のクムホ・エクスタ サーキットランや、車種を限定したFIAT & ABARTHオンリー走行会、ユーノス・マツダロードスター限定の走行会。他にも、シフトノブやペダルカバーのブランドでおなじみ、RAZOのカーメイト『RAZO』走行会では、スーパーGTやフォーミュラー日本にも参戦していた折目遼選手から直接ドライビングレッスンを受けられるという豪華すぎるプログラム。

画像2: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

サーキットを走るという趣味が同じだけではなく、車種やタイヤの趣味が同じという事は、仲良くなれない理由が無い!!そんな、サーキット友達まで見つけられちゃう走行会( *´艸`)

参加者の皆さんも終始笑顔で心から走行を楽しめた様子。

アトラクション&出店

走行会に来て、サーキットを走行の参加者が楽しめるのは、当然と言えば当然。それより自分たちが楽しんでいる間、一緒に来た大切な人達は何をしているの?と思った方も多いはず!当然、袖フェスの趣旨はモータースポーツという趣味を大切な人達に理解してもらう事。
もちろんサーキットを走行しない人たちも楽しめるコンテンツ満載なのです!

バスツアー
レーシングドライバーが運転するバスでコースを走行。普段乗るバスではありえないスピードとロールをお楽しみください(もちろん安全第一です)。初めて袖ヶ浦を走る方にはコースの下見としてもオススメです。

画像3: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

私も参加したこのバスツアー!サーキットをただ走るだけではなく、レーシングドライバーの解説付きで、車を高速で走らせる時の荷重のかかり方などを少しオーバーに感じさせてくれたりと、ちょっぴりサーキットを走った気分になれるツアーでした。

子供向けコンテンツも盛りだくさん

袖フェスの他の走行会との一番の違い!それは、子供を連れて行っても邪魔にはならないという所!いくらバスで体験して、『サーキット走行って思ったより楽しいのね!』って理解してもらっても、家族に子供を押し付けて参加してたら意味がない!袖フェスでは、そんな子供向けのコンテンツもたくさん用意してるので、子供も楽しめちゃうのです!

チビッコ旗振り体験
白熱したレースの終了を知らせるチェッカーフラッグ。モータースポーツでは印象的なシーンのひとつですね。この旗振りを、お子様に体験してもらおうという新企画です。カッコイイ旗の振り方を教えてもらって、実際にポストに入って振ってみましょう。ご両親はカメラを忘れずに!

画像4: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

ポストに入ってチェッカープラッグを振る!大人でもやった事がある方は中々いないのではないでしょうか?

画像5: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

もちろんレース中に出されるこの旗は、適当に振られている訳ではありません。という事で!実際にサーキットのポストで旗を振っている、サーキットオフィシャルさんが旗の正しい振り方を教えてくれちゃいますヽ(*´∀`)ノ

画像6: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

子供に混じってちゃっかり参加した大人(笑)

画像7: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

他にもお絵かきコーナーや折り紙コーナー、お手玉やオモチャ

画像8: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

ちびっ子カート体験もできちゃいます。

モータースポーツイベントと言えばRQ

ここまでは、袖フェスの楽しい魅力を紹介してきたけど、モータースポーツイベントと言えばレースクイーンでしょ!!という皆さんにも朗報。
こんなに可愛い2人組が皆さんをお出迎え!

画像9: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

車でサーキットを走る趣味は無いけど、この笑顔に会えるだけでも参加したい!と思った方も多いはず!そんな方にも安心!なんと袖フェスは、入場、駐車料は無料で見学だけでもOKなんです。
そしてそして!今まで紹介してきたコンテンツ以外にも、スウィーツやグルメ屋台、レーシングギア販売や洗車サービス、オイル交換、ECUチューニング、タイヤに関する相談コーナーも!!

画像10: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

他にも、レーシングスーツクリーニングサービスや似顔絵サービス、整体、美容院も完備!!!

画像11: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

画像12: Photo by 横田祐一

Photo by 横田祐一

そして、最後はじゃんけん大会!

画像: Photo by  細田雅紀

Photo by 細田雅紀

最後まで楽しいイベント盛りだくさんの袖森フェスティバル。次回は2016年11月6日(日)!!
今まで家族に内緒でコッソリ走行会に参加していた皆さんも、走行会に参加してみたいけど中々勇気が出ないという皆さんも、是非遊びに来てみて下さいね!レーシングドライバー澤圭太さんが想い描く、『ディズニーランドのようなサーキット』きっと楽しんで頂けると思います。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.