多角化するドゥカティファンと、憧れのドカ

最近SBKでは優勝するし、MotoGPでも速さを取り戻しつつあるドゥカティですが、熱狂的なファンはほんと多いですよね。

新しいドゥカティも、Xdiavelやスクランブラーなど、どんどん魅力的なバイクが増えて、ファンのタイプも速さ一辺倒ではなくなってきてますが、それでもやっぱりドゥカティといえばスポーツ、という方も多いですよね。

また、クラシックバイクとして、60-70年代の”あのころの”ドゥカティを懐かしむ声も多そうです。

このDUCATI 900SSなんか、まさにそんな憧れのドカの一台ですね。

画像: 900SS。SSはスーパースポーツの意味です。(「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

900SS。SSはスーパースポーツの意味です。(「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

画像: ご存じボンバーのオヤジさんと井田さん。良いコンビ。(「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

ご存じボンバーのオヤジさんと井田さん。良いコンビ。(「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

画像: 井田さんは隠れドゥカファンでした。(「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

井田さんは隠れドゥカファンでした。(「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

画像: ドゥカティを嫌いといいつつ、しっかり井田さんの間違いを正すおやっさん (「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

ドゥカティを嫌いといいつつ、しっかり井田さんの間違いを正すおやっさん
(「あいつとララバイ」©楠みちはる先生/講談社)

ここで問題です!

画像: ドゥカティファンにいま問う(笑)
イモラ200マイルレースで優勝したのはだーれだ。

1972年にイモラで1-2フィニッシュで完勝したドゥカティですが、そのとき優勝したのは、下のうち、どちらのライダーでしょうか??むっずかしいぞw

  • ブルーノ・スパッジャーリ
  • ポール・スマート
  • ロベルト・ウンチーニ
  • ブルーノ・スパッジャーリ
    20
    60
  • ポール・スマート
    62
    188
  • ロベルト・ウンチーニ
    18
    53

答えはポール・スマートでした!
1972年4月23日 イモラ200 マイル優勝
ポール・スマート (Paul Smart)
1972年4月23日 イモラ200 マイル2位
ブルーノ・スパッジャーリ (Bruno Spaggiari)

This article is a sponsored article by
''.