10月28日~11月8日に開催される「第44回東京モーターショー2015」に、衝突時にボディがふくらんで歩行者への衝撃を緩和するエアバッグカーが登場します!

「Flesby(フレスビー)」

画像: エアバッグカー”Flesby (フレスビー)” 〔イメージ〕 prtimes.jp

エアバッグカー”Flesby (フレスビー)” 〔イメージ〕

prtimes.jp

こちらは、ゴム・樹脂の高分子分野とLED分野のトップメーカーである“豊田合成”からのコンセプトモデル 「Flesby(フレスビー)」 です。2030年頃の超小型モビリティを想定した「フレスビー」は、歩行者と衝突した際の衝撃をボディが膨らむことで緩和する安全機能や、LEDの光を用いて安全に関する情報を周囲に知らせるコミュニケーション機能などを有しているそうです。

ちなみに豊田合成は、「フレスビー」の他にも、ハンドルなどでドライバーの体調や気分を読み取り、その状態に応じた空間を照明や音楽、香りで演出することで、ドライバーにとって快適な近未来のインテリアコンセプトを参考出品するようです!

画像: ツナガルコックピット“Link”  (体験型展示) prtimes.jp

ツナガルコックピット“Link” (体験型展示)

prtimes.jp

もっこもこの「フレスビー」の詳細が気になる!!触ってみたい!!と、どうしても気になる方は、ぜひ「第44回東京モーターショー2015」に行ってみてくださいね!!

豊田合成

http://www.toyoda-gosei.co.jp/

東京モーターショー

http://www.tokyo-motorshow.com/

This article is a sponsored article by
''.