バイクの免許を取った理由って、大体の人がカッコイイあのバイクに憧れて!!!とか、仕事で大体必要な自動車免許と違って、ファッションや憧れ等な事がほとんどだと思う。そんな私も、バイクになんて全く興味は無かったけど、いつも行く服屋さんに飾ってあったHONDAのPS250に一目ぼれして、AT限定免許を取った人(笑)結局憧れのバイクは、当時学生だった私には高すぎて買えなかったけど、最初のきっかけって結構そんな感じだったりするんじゃないでしょうか?中でも、誰もが憧れるバイクメーカー!!ハーレーダビッドソン。数あるバイクメーカーの中でもトップクラスで人気の高級車。支払いはローンでなんとかなったとしても、盗難が怖くて買えない。。。そんな方たくさんいるんではないでしょうか?そんな方に朗報!!!

画像: blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

ハーレーダビッドソンの正規販売網にて2015年8月19日より 新たに「盗難補償付きバイクローン」の取り扱いを開始

ハーレーダビッドソン正規販売網にてローンを用いてモーターサイクルを購入したお客様全てに盗難補償を付帯します。補償期 間は納車日から1年間、損害額の80%(支払限度額を200万円)を補償する魅力的な商品となっております。モーターサイクル購 入時における大きな購入障壁となっている盗難の心配を軽減することで、安心してモーターサイクルをお乗りいただける環境を 提供するものです。※同バイクローンは提携信販会社である株式会社ジャックスが開発・運用するものです。

「盗難補償付きバイクローン」の概要

販売開始 平成27年8月19日~ ・補償内容 対象車 新車・中古車 補償内容 車両盗難※1 支払限度額 200万円※2 補償期間 納車日から1年間 補償回数 補償期間中1回
※1エンジンロック、ハンドルロック、ホイールロック(U字型のロック等)その他これらと同等以上の機能を有する物の何れかが施錠されている間に行われた盗難。 ※2「200万円」もしくは「損害額×80%」のいずれか低い額 ※3補償対象は車両価格(税込)のみとし、パーツ代金や車検代金は含みません。

■保険金のお支払できる事例
例1 自宅駐車場に施錠して駐車していたところ、購入価格200万円の二輪自動車が盗難にあった。 200万円×80%=160万円
例2 ツーリング先の駐車場に施錠して駐車していたところ、購入価格300万円の二輪自動車が盗難にあった。 300万円×80%=240万円(最大200万円)
例3 バイクが盗難に遭い、後日発見されたがバイクが破損していた。補修費用(税込)が100万円であった場合 100万円×80%=80万円

■保険金のお支払できない事例
1 バイクのパーツだけが盗難された。
2 盗難発生後60日以内に覚知することができなかった盗難による損害。
3 エンジンロック、ハンドルロック、ホイールロックのいずれも施錠していない間に盗難にあった。 ※上記以外にも保険金をお支払できない場合がございます。

画像: magazine.zerocustom.jp

magazine.zerocustom.jp

やっぱり妥協しないで気に入ったバイクを買ったほうが、絶対絶対乗る機会増えるしねっ!!!いつかハーレーに乗りたいと思ってるあなた!!!是非是非盗難補償付きバイクローンを利用して、この機会に思い切って購入してみてはいかがでしょうか?きっとバイクがもっともっと大切で大好きな存在になってくれると思います(*´▽`*)気になった方!詳しくはハーレーダビッドソン正規販売へお気軽にお問合せ下さいね。

This article is a sponsored article by
''.