最近自分のバイクにあまり乗れてないトーマス。
そんなことじゃいけないよと、改めて渡されたのが「あいつとララバイ」22巻(楠みちはる先生の傑作。講談社)。

危険なライディングをする強敵マキオとの公道レースの末に、主人公研二くん、ゼッツー(カワサキ 750RS)を炎上させてしまうんです。

燃える愛車を見て大泣きしながら絶叫する研二くん。
マキオはそんな彼の姿を見て、同じように炎上した愛車FXに涙することができなかった自分を恥じるのです。

画像: ダートレーサーのマキオと激しい公道レースの果てに事故ってしまい、愛車ZIIが炎上

ダートレーサーのマキオと激しい公道レースの果てに事故ってしまい、愛車ZIIが炎上

画像: どうして!いや、それはあなたが無茶したからだけどσ^_^;

どうして!いや、それはあなたが無茶したからだけどσ^_^;

画像: 愛車に対する想いの違い、オートバイに対する向かい方が敗因?とうなだれるマキオ

愛車に対する想いの違い、オートバイに対する向かい方が敗因?とうなだれるマキオ

「あいつとララバイ」は、ロレンスでは何度も取り上げていますが、モーターサイクルやクルマへの強い愛がテーマになってると思うんです。

単なる機械ではなく、道具としてではなく、人生の一番面白い部分を共有する相棒、トモダチとして、もしかしたら恋人以上の存在として、見ている。そこが楠先生の作品の登場人物たちには共通してあります。

クルマやバイクにだけでなく、カメラや時計とかでもいいんです。一生、俺はお前だ(これは「湾岸ミッドナイト」からw)と、おもうほど愛する。

そんな対象を皆さんはもっていますか?

トーマス、反省して、あとでバイクのることにします。夕方になったら!(だって暑いんだものw)

This article is a sponsored article by
''.