ここ最近、何かと話題のNinjaH2。スーパーチャージャー搭載で、最大出力300ps・排気量998㏄・並列4気筒のエンジンサイズ。そんなモンスターバイクを今度はドラッグマシンにカスタム(@_@)

ニューヨーク国際モーターショーでお披露目されたkawasakiNinjaH2

画像: blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

ホイールベースを1,435mmから1,715mmにまで延長するAdams Performance製のクロームモリブデンスイングアーム"Strong Arm"やBST製のカーボンリアホイール、JRI製のリアショック、エアシフターなどが装着されているとのこと。


なお、パワーユニットはストックと同じ最高出力296hpの排気量998cc 4気筒スーパーチャージャーエンジンであるが、その状態でも、米国ノースカロライナ州の「Rockingham Dragway」のドラッグストリップにおいて、1/4マイル(≒0-400m)8.213秒、到達時の速度268km/hという記録を叩きだしたそうである。

Rickey Gadson’s Custom Ninja H2 Hybrid: The Only One Of Its Kind

youtu.be

ホントにやっちゃった(笑)

Worlds firsts captured video of Rickey Gadson's custom Kawasaki Ninja H2 Burnout!!

youtu.be

NinjaH2のエンジン音は元々大迫力だったけど、ドラッグマシンになるとエンジン音と白煙で、また違う迫力がっ!!

Rickey Gadson's Top secret H2 December drag test produces 8.26 162 with obvious clutch slip

youtu.be

もっと速く、誰よりも、現在の自分をも越えていきたい。そんな子供の時の無謀とも言える無根拠のない無敵な気持ちを思い出させてくれるような挑戦をし続けてくれる。それが漢のKawasakiなんですね。こうやって、いつまでも永遠に夢を追う少年のような企業でいてほしいですねっ(*´▽`*)

This article is a sponsored article by
''.