みなさんはドラッグレースという競技をご存知でしょうか?

画像: www.jaia-jp.org

www.jaia-jp.org

ドラッグレースとは、スタートから4秒後には300キロに到達する2台のドラッグレース専用車両で、わずか400メートルあまりをいかに最速で駆け抜けるかを争う競技です。マシンの排気量は3000cc。重さ、約270キロ。長さは後ろにひっくり返らないためのバーを含めると6メートル以上あります。ただ速く走る。その為には、少しでも蛇行してしまうと、タイムロスになってしまうので、レーサーはマシンの上で格闘し、いかにまっすぐ走るかが重要な競技となっている。コース幅は広く、全面にトリモチみたいなものが撒かれています。みんなが走るラインに溶けたタイヤのゴムが付着していて、その後輪の幅を走ればグリップがよく、その幅から少しでも外れるとタイムをロスしたり、スピンしたりする、かなりのマシンの取回し技術が必要な競技です。
レース中は、前輪が常に浮いた状態なので、いわば300キロ以上を一輪走行で走っているそうです。

そんなドラックレースに参戦し続ける男!重松 健

画像: www.mammo.tv

www.mammo.tv

1965年生まれ、愛媛県出身。幼少期からモトクロス、ロードレースを体験し、アメリカ横断でドラッグレースに出会う。1999年渡米、AHDRA(オール・ハーレー・ドラッグ・レース・アソシエイション)第2戦に初出場、初優勝を飾る。2008年4月、370.34キロというワールドスピードレコードを樹立。

愛称はcrazy tak。

時速350キロくらいだと目の端で捉えた飛び去って行く光景は灰色で、370キロを超えると風景が前の方にせり出す感じで、黄色くなります。それと加速している間は速さを感じず、むしろブレーキをかけてから速度を感じます

350キロで灰色で、370キロで黄色。感覚の世界なんですね(@_@)そんな重松さん、レース中にマシンのエンジンが爆発した事も(;゚Д゚)

Outlaw Fuel bike Blows up at Atco Raceway

youtu.be

それでも、まだ走り続ける重松さん。。。。愛称通りクレイジーな方なんですね(笑)

超速い!ハーレーのドラッグレーサー!ブルースカイヘブン2012【BBB】

youtu.be

そんなホントにホントに速すぎる!!!時速300キロ以上なんて、マシンにしがみついているだけで大変そうなのに、そのスピードの中でマシンを抑えきるテクニックと、冷静にブレーキをかけられる勇気。どんな神経をしてるのか。。。きっと本当におじいちゃんになっても時速300キロの景色を眺めてるんだろと、ワクワクさせてくれる(*^▽^*)

そんな凄すぎる重松さん。レースのオフシーズンは自身が代表取締役を務めるハーレーダビッドソンブルーパンサーに居るらしい。興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?貴重なお話等聞けるかもしれません(*´▽`*)

This article is a sponsored article by
''.