こんにちは。

前回は、恵比寿で奄美を感じられるスポットとして、「Healthy Island Cafe」の特徴やスタッフのこだわりについてご紹介しました。(まだ読んでない方はぜひ こちら もお読みになって下さい)

さて、今回はそのHealthy Island Cafeの記事第二弾として、私が味わった オススメメニュー についてご紹介したいと思います。もう気になって、記事を待たずに直接行ってきちゃったよ!という方もいるかもしれませんが、ぜひお読みくださいね。 

そのメニューとは・・ すももスムージー と ヤギミルク です。

どちらも、これからの溶けそうなくらい暑い季節にはもってこいのメニューですが、どんな味だったのか、以下にレビューします。

ココロもカラダも ヨロコブ。美味しいスムージー

画像: すももスムージー amamimoo.jp

すももスムージー

amamimoo.jp

すももスムージーは、奄美産すもも、蜂蜜、豆乳、よもぎが原料とのこと。

真っ先に思ったのは「色が可愛い!」ということ。まんまでしょ、というなかれw。本当に鮮やかで、きれいなピンク色をしているんです。
もちろん鮮やかと言っても、着色料は使っていません。素材本来の色を活かした、どこか優しさが感じられるような色合いなんです。

そして、いよいよ一口目。口に含んだ瞬間の感想は「ドロっとしている」(笑)。
というのも、このお店のスムージーには、クラッシュドアイスは入っていないんです。奄美のフルーツをふんだんに使い、そこに蜂蜜や奄美の薬草をブレンドして、真空パックで瞬間冷凍して保存された材料に、お客様にお出しする寸前に、奄美の天然水や豆乳を加えているとのこと。この瞬間冷凍という方法は、遠く離れた奄美産のフルーツを100%使うことにこだわりながら、新鮮さを保つために考え出された方法だそうです。

なので、実際に飲んでみるとわかるのですが、フルーツの旨味が濃く出ています。「酸っぱい桃」という語源の通り、旨味の中に独特の酸味があるのですが、それはとても爽やかなものです。

すももには、ビタミンB群が豊富で、疲労回復の効果もあると言われています。このお店には、他にも、たんかん、マンゴー、パッションフルーツ、ドラゴンフルーツを使ったスムージーもあり、壁にはそれぞれの特徴、効果・効能が書かれているので、壁をのんびり眺めながらスムージーを飲むと、どこか健康になったような気がしてきますよ。

あれ?臭くない・・美味しかったヤギミルク

画像: ヤギミルク www.facebook.com

ヤギミルク

www.facebook.com

奄美育ちの私ですが、実はヤギミルク、飲んだことありませんでした。
奄美の島料理には山羊汁という、とってもケモノくさい料理がありますが、それも私は敬遠して食べたことがありません。だからヤギミルク、すなわち山羊の乳を飲むことに、若干怯えていた私でした。

ところが、恐る恐る一口飲んでみると「あれ?全然くさくない!」。むしろ、口当たりがとってもなめらかで、ほんのりとした甘みがありました。

とっても美味しい!私の山羊料理への偏見を吹き飛ばしてくれる優しい味でした。

しかもこのヤギミルク、飲みやすいだけじゃなくて、健康的な効能もあるんだそうです。

ヤギミルクは、成分が母乳に近いため、アレルギー反応が起きにくく、牛乳アレルギーの人でも飲めるとのお話でした。また、脂肪球が小さいので、牛乳よりもずっと消化がいいそうです。

Healthy Island Cafeで出されるヤギミルクは、ヤギの耳を模したボトルに入っています。また、パッケージには奄美の特産品である 大島紬 の柄が取り入れられていたりと、ところどころに店主である勝島さんのこだわりが見られます。

勝島さんのお話では、奄美の自分の農園で飼育したヤギから取れたミルクを生かした製品をどんどん開発中だそうです。例えば、暑い日にぴったりのヤギミルクソフトクリームもあるんですよ。

さて、2編に渡ってHelthy Island Cafeの魅力についてお伝えしてきましたが、「恵比寿にある小さな奄美」ちょっと気になり出してきましたか?

ぜひこの夏行かれてみて下さいね(^^)

This article is a sponsored article by
''.