そうだ。僕たちにはHONDAがあるんだ。
そう思わせてくれるエピソード。技術と勇気とど根性で世界に挑んだ男たちの話。
週末の皆さんのお時間(わずか19分足らずです)、トーマスにください!

1964年8月ドイツ。Hondaは、白い車体に赤い日の丸のマシンRA271で、日­本車として初めてのF1出走を果たす。想いとは裏腹に、完走もおぼつかないレースが続­く。それでも「勝つ」ために全精力を注ぐ中、社長本田宗一郎とチーム監督中村良夫の想­いがぶつかり合う・・・。

画像: 本田宗一郎。世界に誇れるニッポンのオヤジだ。

本田宗一郎。世界に誇れるニッポンのオヤジだ。

画像: オヤジにも噛みつける根性のエンジニア、中村良夫。

オヤジにも噛みつける根性のエンジニア、中村良夫。

Honda原点コミック「来た、見た、勝った」

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.