世界市場で急成長を続けるプレミアムオートバイブランドのインディアン モーターサイクルが、第46回目を迎えた、東京モーターサイクルショー2019の会場で、ブランニューモデルのFTR™1200シリーズの日本国内初お披露目を果たした。

FTR1200とFTR1200Sは、アメリカンフラットトラックレースで圧倒的な実績を誇るインディアンモーターサイクルが、2018年10月に米国発売を開始した新型公道モデル。フラットトラックレース専用モデルのFTR750レーサーに、デザインとスタイリングのインスピレーションを得たという。

心臓部は水冷1,203ccのVツインエンジン。軽量化のために多くのパーツでマグネシウムを使用し、軽快な吹け上がりを実現している。

インディアンモーターサイクルは、2019年10月1日に日本に子会社を設置して、本格的なマーケティング活動を開始する予定とのこと。

画像1: インディアンモーターサイクル、FTR™1200/FTR™1200Sを発表
@東京モーターサイクルショー2019
画像2: インディアンモーターサイクル、FTR™1200/FTR™1200Sを発表
@東京モーターサイクルショー2019
画像: 製品開発ディレクターのベン・リンダマン氏によって紹介されるFTR1200。通訳するのは日本市場チーフレプレゼンタティブの藤原裕史氏

製品開発ディレクターのベン・リンダマン氏によって紹介されるFTR1200。通訳するのは日本市場チーフレプレゼンタティブの藤原裕史氏

画像: www.indianmotorcycle.co.jp
www.indianmotorcycle.co.jp

This article is a sponsored article by
''.