7月26日(木)から29日(日)に鈴鹿サーキットで開催される「“コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会では、レースをより間近で体感できる2つの「激感エリア」が新登場します!

「激感エリア」ってなに?

「激感エリア」とは、通常の観戦席よりも、より間近でレースを観戦することができるエリアのことです。抜きつ抜かれつの激しい接戦や、レーシングサウンドをより近くで体感することができるので、8耐に行くなら絶対に知っておいた方が良いポイントです。しかもこのエリアは被写体が近くなるので写真撮影のポイントでもあるんですよ!

昨年の“コカ・コーラ”鈴鹿8耐では、1コーナーイン側、2コーナ ーイン側、S字コーナーイン側の計3箇所が激感エリアとして設定されました。ではさっそく今年の激戦エリアをご紹介しましょう。

絶対におさえておこう!新たな2つの「激戦エリア」

今年の“コカ・コーラ”鈴鹿8耐では、昨年も実施した「1コーナーイン側」、「2コーナーイン側」、「S字コーナーイン側」の激感エリアに加え、「逆バンクイン側」と「最終コーナーイン側」に2つの激感エリアを新設されます!

画像: 新激感エリア(最終コーナーイン側)

新激感エリア(最終コーナーイン側)

画像: 新激感エリア(逆バンクイン側)

新激感エリア(逆バンクイン側)

逆バンクイン側 激感エリア

逆バンクイン側のサービスロード上に設定。 パドックからのアクセスもよく、コースとの距離が近いため、より間近で観戦することができます。

最終コーナーイン側 激感エリア

東ショートカットイン側のサービスロード上に設 定。日立オートモティブシステムズシケインの切り替えしや最終コーナーの加速、ピットロードに入ってくるマシンを間近で観ることができます。

これにより、「パドックパス」などのチケットをお持ちの方は、より多くの場所でレースを間近に体感することができますよ!

なお、完売したチケットを除き、現在販売中のチケットでは「パドックパス」のみが激感エリアへ入場できるので、まだチケット購入していない方はお早めにGETしてくださいね。

前売りチケット購入は下記から可能!

This article is a sponsored article by
''.