クルマ、好きですか?六本木はAXISビルの1階、大人のガレージショップ LE GARAGEをご存じですよね?
え、知らない?ドライビンググローブやシューズ、こだわりのアクセサリーやアンティークグッズなど、センスの良いアイテムを集めた、車好きのためのセレクトショップなんですよ。
しかも、店内にはいつでも「なにこれ!こんな凄いクルマ初めて見た!」と誰もがため息をつく名車・旧車の実車がディスプレイとして飾られてるんです。店内に置かれたクルマは1-2ヶ月に一度、変わるそうなんで、月に一度、いや、できれば週に一度は訪れることをオススメします。

世界の名車が1-2ヶ月の頻度で飾られる店内は、車好きのワンダーランド

取材時点(2018年4月上旬)には、アバルト124スパイダーが置かれていた店内。
このクルマ、1970年代の名車で、ラリー用に開発されたフィアット・アバルト・124ラリーのオープンカーバージョンなんですが、2016年にマツダとの技術協力協定によって復刻バージョンが発売されたので、名前だけは知ってる、という方、多いかもです。

実はこのクルマ、普段はちゃんと公道を走っている、現役なんだそうです!
というより、お店の方の話だと、これまで店内に置かれたほとんどのクルマは実走可能、というより、店舗のある六本木まで実際にオーナーが走らせて持ってきてくださるんだそうです。店内に置かれているときはもちろんナンバープレートは外されていますが、普通に公道を走っているってことですよ、こんな名車たちがっ。大興奮ですよねっ。

画像: 1970年代のアバルト124スパイダー。個人所有の車で、店舗まで実走で運んだとのこと。

1970年代のアバルト124スパイダー。個人所有の車で、店舗まで実走で運んだとのこと。

ディスプレイの車についつい関心が集まってしまいますが、店内はとにかく車好きなら虫眼鏡でも使ってじっくり眺めたい逸品が所狭しと置かれています。

Tシャツ一つとってもめっちゃオシャレだし、実用性がありながら身につけていたら気分はターボチャージャー!みたいに上がりまくる小物もいっぱいあるんです。

オシャレデートはやっぱり特別な車で迎えにきて欲しい。彼にさりげなく使って欲しいキーホルダーや、ドライビンググローブなどがほんとたっくさん。あ、でも、どこどこで買ったんだよ、いいだろう?なんて自慢しちゃダメ。口にするくらいなら、彼女をお店に連れてきて、「あ、ここで買ったんだぁ♡」と納得してもらうほうがいいですよ。はい。

2018年3月31日(土)から5月6日(日)はレザーグローブブランドCACAZANの特別フェア開催中

大注目のガレージショップLE GARAGE (ル・ガラージュ)。以前ご紹介していますが、2018年3月31日から5月6日までは、とびきり美しいオーダーメイドグローブブランド、CACAZANの新作やオリジナル商品の展示が行われています。

週末は六本木で名車を愛でませんか、これぞ眼福、実感できますよ。

所在地・電話番号 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 1F
Tel. 1F:03-3587-2785
Address and
telephone number 5-17-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Tel. +81 3 3587-2784
営業時間 11:00〜19:00(定休日なし) 
※夏期休業・年末年始休業などは除く
Open Hours 11:00 - 19:00

店長ブログも楽しいよ!↓

This article is a sponsored article by
''.