大人になっても、中年になっても、初老と呼ばれるような年齢になっても、オートバイには乗り続けたいなあ。みなさん、そう思いますよね。
結婚したら夫婦でツーリングも楽しそう。でも子供が生まれたら、しばらくバイクをおやすみしちゃう人も多いですよね。愛車はミニバン、なんて自嘲げに笑う、そんなお父さんになっちゃう?
写真:松川 忍 車両協力:ユーメディア湘南

でも、だんだん子供が大きくなって、手もかからなくなったら、バイクにもう一度乗ろう。そんな風に考えるお父さん、多いはず。つまり、リターンライダーってやつですね。
そんなお父さんに、息子や娘も「お、なんだかオヤジ、カッコイイぞ??」なんて視線をくれるかもしれません。

バイク乗りにとって、結婚とか家庭を持つということは、バイクを降りるという選択につながることも多いと聞きますが、同時に、バイクが家族との絆を強くするということだって案外多い、そう思いたいです。

画像: 写真:松川 忍  車両協力:ユーメディア湘南

写真:松川 忍 車両協力:ユーメディア湘南

急いでバイクを走らせるお父さん。待ち合わせ場所には愛しい娘が、自分と同じバイクで待っていてくれる。

そんなシチュエーションがもし実現したら??
心踊っちゃいますよね!

This article is a sponsored article by
''.