10年ぶりに偶然出会った、別れた恋人同士。かつて二人はオートバイを介して絆を深めていたが、男は既にオートバイを降りていたー。大人の男と女が描く、古くて新しいラブストーリー。
『オートバイ 2017年 2月号』特別付録『RIDE』掲載「On The Way」より

彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。

今の職場で出会った男と結婚した私は、3年前に別れて、いまは華のバツイチだ。アラフォーの独り身は寂しいように思われがちだが、仕事も充実しているし、気楽でいい。
今日も行きつけのスーパーで夕食の買い物をしながら、週末の予定をあれこれ算段しているところだったのだが、そんな時に事件は起きた。

15年前に恋した男とばったり再会したのだ。

彼は2回りも年上の、職場の上司だった。
彼には家庭があったが、若かった私にはそんなことは関係がなかった。優しくて大人の男にひたすら溺れた。彼が好きなオートバイの免許も取り、二人で出かけては、カラダを貪るように愛し合った。

しかし、数年続いた二人の関係はやがて職場に知られることになり、私が身を引く形で、退職し、それで二人の関係は終わったのだ・・。

久しぶりに会った彼は、初老の男の疲れが肩に滲み出ていたが、あの頃と変わらない優しい笑みを浮かべて私の前に立っていた。
聞けば奥方とは死別し、お子様も既に独り立ちして、今は独り身だという。

私は思わず彼を飲みに誘ってしまったが、気後れすることもなかった。10年ぶりとはいえ、深く愛し合った男と女には、時間を埋める気安さがある。特に女のほうには。

彼は少し気まずげな表情を浮かべたものの、私の誘いを断ることなく、少し歩いた場所にある居酒屋に入った。酒の力を借りれば、二人の間にできた溝も埋まるというものだ。
10年も離れていれば、お互いに知らないことも増えるし、話題には事欠かない。それに、私は彼との出会いをきっかけに乗り始めたオートバイがある。きっと彼もまだ乗っているに違いないからだ。

だが、意外にも、彼は何年も前にオートバイに乗るのをヤメたという。私は強い衝撃を受けたが、それを必死に顔に出すまいとして、堪えた。それは成功したと思う。

彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。

そのとき、私は不意に強く胸を締め付けるような想いにとらわれた。
仕事帰りに、住んでいるマンションの一階に入っているスーパーマーケットで夕飯の買い物をしていた私は、見覚えのある、いや、決して忘れたことのない女の横顔に目を止めた。それは、10年前に別れた年の離れた恋人だった。

恋人、というのは当たらないかもしれない。そのとき私には妻も子供もいた。つまり不倫相手だったからだ。
私にとって彼女は、遊びを超えた、真剣に愛した人だったのだが、我々の関係が周囲に知られてしまったことで、彼女は私の前から姿を消したのだ。私には一言もなく・・・。

私の胸の内を知ってか知らずか、彼女は「飲みに行こう」と誘ってきた。
もちろん願ったり叶ったりだったが、私は喜色を顔に出すまいと平静を装った。

彼女は結婚に失敗して、今は一人暮らしだという。私は少しずつ記憶の底から蘇ってくる彼女の肌の感触や、魅惑的な喘ぎ声に惑わされながらも、今の二人にちょうど良い距離感を探すことに懸命に勤めていた。あの頃とは違う、私はそう自分に言い聞かせながら酒をすすり、彼女の話に耳を傾けた。

そんな浮ついた私を、平静に戻したのは、彼女の一言だった。
「まだバイク乗っているんでしょ?」

もうオートバイには乗っていないことを告げると、彼女の顔が曇った。
というより、戸惑いの表情を見せた。彼女はさりげなくそれを隠したが、私の浮ついた気分に冷水を浴びせるに十分だった。私は10年前とは違うのだ。そう彼女の表情が現実を教えた。

降りた私に比べて、彼女はいまだにオートバイに乗っているという。
記憶の中の彼女が乗っているバイクとは違う名前に、私はさらに現実を思い知らされた。二人は既にすれ違ってしまっている。そして10年は決して短い時間ではないのだ。

それ以降、我々は毎晩のように会っては、飲み歩いた。
しかし、私は彼女に男と女の関係を迫ることはしなかった。いや、できなかった、というほうが正しいかもしれない。

そんな日々が続いた頃。

私はふとバイクショップを見つけ、ふらりと立ち寄った。
彼女が乗っているのはカワサキのZRXだと聞いていたので、それがどんなバイクなのかを見てみようと思ったのだ。

ショップの店主に導かれ、私は1台のライムグリーンのオートバイの前に案内された。それはいわゆるネイキッドの大型バイクだった。

話を聞くと、ZRXは生産中止となり、目の前のバイクはそのファイナルエディションの1台なのだという。かつて私が乗っていたのはカワサキのニンジャ、GPZ900Rだった。彼女は黒いゼファーだった(彼女いわく、黒に見えるけれど実は紺だったそうだが)。
二台とも既に生産中止、いわゆる絶版車だ。

私はふと考えた。私も男として、人間としてもはやファイナルエディションなのだろうか?と。

私がもうバイクには乗っていないことを知った彼女の戸惑いの表情が胸に刺さった・・・

娘ほど年齢の違う彼女に、確かに私は恋をしていた。
そしてその気持ちはいま、また再始動している。ここでこの恋を諦めたら、私は絶版車のようになっていくのか?それともまだファイナルエディションで、ここでアクセルを吹かしたら、昔のように走り出せるのだろうか。

私の胸の奥で、何かが弾けるように音を立てた。

彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?

あれ以来、私と彼は毎晩のように会い、酒を飲み、話をした。まるでかつての二人のように。

いや、でも違う。二人は男と女にはなっていない。
彼はオートバイを降りてしまったように、私をもはや恋の相手としてはみようとしないのだろうか。私は昔の私ではない。幾多の恋愛を重ね、結婚には失敗し、十分な経験を積んだ大人の女なのだ。
バイクに乗らないあなたは、もう私と共に走りだろうとはしないのだろうか。煮え切らない彼と、時間を使っていくことは、もはや無駄なのだろうか。

私は、ZRXを走らせながら思った。
私があの頃の私ではないように、彼もまたあの頃の彼ではない。それはわかってる。
でも、再び走り出すことはできないものか??

来てよ。私を求めて、奪って!私は心の中で叫んだ。

そのとき、一台のバイクが私の後方から迫って来た。

彼の視点2 :カムバック。まだ終わりじゃない。

私は結局ZRXを買った。
ファイナルエディションを買うことで、私自身踏ん切りをつけようと思ったのだ。 絶版車になるかならないかは自分次第。現役にこだわれば、いつでも走り出せるし、いつまでも走り続けられるはずだ。

ほどなくして納車されたZRXにまたがり、私は夜の街に出た。彼女が走っているかはわからない、ただ二人に縁があれば出会えるはずだ、確信はないが、不思議にそんな予感がしたのだ。

そして、彼女はいた。
私は胸を高鳴らせながら、アクセルをひねり、彼女の前に出た。

二人は朝まで走り、思い出の場所へと向かった。
ヘルメットを脱いだ彼女の顔には、あの日見た曇った表情はなく、朝日に似て晴れやかで輝いていた。それは10年前の恋人の顔だった。

久しぶりに乗ったオートバイ、まだ感じがつかめない。
同じように、10年の月日を超えた彼女との関係も、距離感がまだよくわからない。感じがつかめない、そんな感じだ。

それでも行けるところまで行ってみよう。

人生はいつだってファイナルエディション。彼女の艶やかな笑顔に見とれる間も無く、私は彼女に手を取られて歩き出した。

コメントを読む・書く
今では希少な角目 1灯ヘッドライトにビキニカウル。カワサキ「Z」の歴史を今に受け継いできたZRXシリーズは、2016年8月に発売された、この「ZRX1200ダエグ ファイナルエディション」を最後に姿を消します。
オートバイの本当の価値って何でしょうね? 最後のZRXは、それを教えてくれるような気がします。

Kawasaki ZRX1200DAEGは、日本だけでしか買うことができません

2016年8月にZRX1200ダエグのファイナルエディションが発表されてから、もう半年ほどが経ちました。あと何人のライダーが、このバイクを「新車」という最高の状態で乗れるという幸運を手にすることができるのでしょうね? なぜそんなことを言うのかって……たぶん、もうZRXに乗るのは最後になるだろうな、と思ってカワサキさんからお借りしたんです。

そうして久しぶりに乗ったら、改めて感動しちゃったんですよ。センチメンタルなのかもしれませんけど、それでも確かに「オートバイとして大事なもの」がZRXの中にはあるな、と感じたんです。

角目1灯にビキニカウルというこのスタイル、どうなんでしょうか? オートバイをよく知っている人にとってはカワサキらしさの塊ですよね。ローソンレプリカZ1000R、もしくはAMAで初タイトルを獲ったエディ・ローソンのZ1000Jかもしれません。こういうの、20代とかの若いライダーにはどう見えるんでしょう。クラシック感が一周ぐるっと回って、新しい!って感じるのかな?

でもひとつ言えるのは、このデザインは今やZRXにしか無いってこと。ONE&ONLYですね。

ちなみに、このZRX1200DAEGっていうオートバイは国内専用モデルです。大排気量なんだから海外でも需要がありそうなのに、日本でしか売っていません。何年か前にカワサキモータースジャパンの社長さんとお話したときに仰ってました。

「Zは我々の宝のひとつなんです」って。

カワサキは日本のオートバイ乗りを本当に大事に考えていて、だから国内専用モデルとしてZRX1200ダエグをラインアップしていたんです。グローバル化が急速に進み、排ガス規制も厳しくなる中では国内専用モデルはビジネスとしてはキツいはず。でも、それがカワサキの心意気ってやつだったんですね。

温かみがあるのに、走りが鋭い。カワサキらしいオートバイ

排気量は1164cc。ビッグネイキッドだと1300ccも普通なんですけど、その中ではいちばん小さい排気量です。でも、エンジンは気持ちよく吹けあがり、最高出力110馬力に届きます。この数字は同カテゴリの中ではナンバーワン。排気量が小さくてもパワーで負けない。そういうところもカワサキらしさですね。

エンジンフィーリングはとにかく軽いです。ビッグネイキッドはもうすこし重厚な加速をするキャラクターが多いんですけれど、ZRXにはもっとピュアに「ロードスポーツ」を感じます。4気筒らしくスムーズに伸びていって、6000回転あたりからもう一段、パワーがあふれてくるようでした。

エンジンのヘッドカバーは質感の高いリンクル塗装。ファイナルエディションのみのスペシャルな仕様です。

国内専用ですから180km/hのリミッターが当然ついていますけれど、高速道路で時速100kmで走っている感覚からすると、6速ギアを使うまでもなく、5速でも(4速でも?・笑)余裕でリミッターに届くだろうな、と感じます。アクセルを開けていくときの滑るような加速。あっという間にスピードがのっていくのが最高の快感でした。それでいて、リラックスして時速80kmフラットで流すときも、エンジンがヴヴヴヴヴっと股の下に感じられて心地良いんです。精密さと機械の温かみを同時に感じることができるエンジンです。

このエンジンは元をたどれば伝説の名車GPZ900R系の発展型というか、最終版みたいなものですからね。味わいも高性能も備えていて当然といえば当然。まったく名機という他ありません。

カヤバ製のリアサスペンションはノーマルではソフトな快適セッティングです。プリロード、伸び&圧側減衰調整もできるフルアジャスタブルなので、コーナリング重視派はセッティング変更もできます。まあ、ノーマルのセッティングで十分ですけど(笑)

サスペンションはソフトで、高速道路の継ぎ目などもしなやかに吸収してくれます。シンボルでもあるビキニカウルも「こんなに防風性が高かったっけ?」と思うくらいに優秀。ちょっとしたツアラーかと思うくらいの快適な走りを楽しめます。

うーん、高速道路で300kmくらいなら一度も止まらずに走れちゃいそうかも。

今はものすごい快適さを誇る高級ツアラーとかアドベンチャーバイクがありますけれど、こうやってスタンダードなオートバイに乗ると、そこまで必要なのかな?って感じちゃいますね(笑)

なぜかコンパクトに感じる車体と、ほどよくエッジの効いたZRXのハンドリング

久々のZRX1200DAEGの快適さに驚きつつ、高速道路から峠道へ。いやぁ……高速道路は快適ですけど、やっぱり本領はコッチですね。なんとまあ、ヒラヒラと右に左に切り返せるオートバイでしょうか。なんと言うか、1200ccクラスで立派に大きいオートバイなんですけれど、乗っている限りは不思議と小さく感じるのがZRXの良いところです。グローバル基準じゃなくて、日本専用設計っていうのも理由なんでしょうかね? ハンドル幅やシート位置、タンクの形状も日本人の体格にピタリと馴染むんです。大きさを持て余さない感じがすごくイイ!

ハンドリングはネイキッドとして考えると、かなり鋭いと言っていいと思います。スッっと前輪が向きを変えるんです。そういえば、昔はスーパースポーツを峠で追い回せるからって「戦うネイキッド」なんて言われたりもしてましたね。

スーパースポーツよりは優しくてライダーを怖がらせたりはしませんけど、ソノ気になればけっこうイケる。重厚どっしり、ではありません。それが欲しければ他のネイキッドが良いでしょう。でもカワサキは違うんです。それがZRXというオートバイのアイデンティティのひとつなんですから。

普段は快適なポジション。膝の曲がりも余裕があって長時間もつらくありません。ワインディングではもうすこし後ろに座って前傾になりたくなります。ハンドルの幅や位置、垂れ角が完璧。この乗車姿勢が扱いやすさを生んでいる理由のひとつです。

最後の『かっこいい日本のオートバイ』

オートバイのデザインは時代に合わせて変わっていきますけれど、本当にカッコいいオートバイっていうのは、いつの時代に見てもカッコいいものです。このシンプルさは10年後も20年後も、たぶんやっぱりカッコいいまま……なんでしょうね。

ZRXの時間は、このファイナルエディションを最後に止まりますが、それはつまり「これ以上、古くならない」ということなのだとボクは思っています。時が経つにつれて価値が変わらないどころか、上がっていく。このオートバイも、そういう名車になる可能性を秘めています。

そしてグローバル化がメインの今、国内でしか買えないZRX1200DAEGファイナルエディションは「最後のかっこいい日本のオートバイ」となるかもしれないですね。

このオートバイと暮らすのは、きっと幸せだと思います。

パーフェクトな装備に守られて快適な旅を楽しむのも良いし、電子制御に支えられてサーキットで、スピードに燃えるのも良いと思います。でも、オートバイに乗せられているのではなく「一緒に走る」ならば、ZRX1200DAEGっていうのは、最高のパートナーになってくれるはずです。

だって、ZRXにはオートバイの醍醐味がぎっしり濃厚に詰まっているんです。今、クルマはどんどん自動化が進んでいますけれど、それが完成したらクルマは移動する部屋になるでしょう。でも、オートバイはそうじゃない。風を切って走って、ライダーが乗りこなすものです。そういう意味で、シンプルに感動を味わえるこのオートバイには、単なる工業製品以上の価値があると思っています。

だからZRXっていうオートバイがボクは好き! これからもずっと大好きです。

みなさんはどうですか? このZRXシリーズのオーナーの人たち。カワサキファンの人たち。いま、このファイナルエディションが気になっている人たち。

そういうオートバイ乗りたちの『好き!』も聞いてみたいな、なんて思っています。

それでは最後に、たくさんの感謝をこめて、ライムグリーンのZRXに花束を。

コメントを読む・書く
Next

This article is a sponsored article by
''.