2月19日に公開を迎えた松村北斗(SixTONES)と森七菜がW主演を務める映画『ライアー×ライアー』より、松村北斗(透役)vs小関裕太(烏丸)の場面写真が到着した。

累計発行部数190万部突破の金田一蓮十郎の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)が原作の実写映画化となる本作。
義理の弟(松村北斗)が恋したのは、JKのフリした私(森七菜)!? ホントの私(森七菜)×義理の弟×ウソの私!?!「私×義理の弟×JK姿の私」という不思議な三角関係にヒヤヒヤしながらも、爆笑&胸キュンしてしまう新感覚のラブストーリー。

主演は、SixTONESの松村北斗と森七菜がダブル主演を務める。
女癖の悪いクール系モテ男と健気で一途な激甘男子の2面性を持つ高槻透を松村北斗が演じる。親の再婚によって、透と義理の姉弟となる恋愛経験ゼロの地味系女子大生の高槻湊(みなと)を森七菜が演じる。湊の親友の真樹を堀田真由が、湊に想いを寄せる幼馴染の文科系男子の烏丸(からすま)を小関裕太が、透の親友を七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)が演じている。

今回解禁となった場面写真は、森七菜演じる女子大生・湊とギャルJK・みなをめぐって松村北斗(SixTONES)演じる透と小関裕太演じる鳥丸が衝突するシーン。
両親の再婚で透と義理の姉弟になった湊は、JKのフリをしていたところに透と遭遇。
湊のウソに気づかず別人“JK・みな”と信じて恋に落ちた透と、前代未聞の【2人なのに3角関係】の恋が始まるというストーリー。
しかし、湊の幼馴染で初恋の人・烏丸が現れたことで、まさかの“3人の4角関係”へと発展し、さらに複雑化してしまう。
ひょんなことから鳥丸が夕食に招かれることになり、湊と透が住む高槻家で、透、湊、烏丸の3人が横並びで、それぞれの事情を知らない高槻両親とすき焼きを囲むのだが、、、
そんな食卓も透が鳥丸に掴みかかり修羅場と化す。

夕食のシーンについて、松村はこう語る。
「あの演出をする耶雲監督は恐い!って思いました(笑)。でも、あの配置だからこそ、透の感情を表現できたと思います。」

同席していた森七菜は緊張感のある撮影に感じたようでこう振り返る。
「真ん中の席じゃなくて良かったって思いました(笑)。正直、すき焼きの味はしなかったですね…」
果たして前代未聞の恋愛バトルが勃発する“修羅場の食卓”はどんなシーンに仕上がっているのか…

STORY

恋愛経験ゼロの地味女子大生・湊は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透と同居中。超無愛想だけどイケメンで女癖の悪い透が原因で、2 人の仲はギクシャク、お互いに冷たい態度を取り合っている。ある日、親友・真樹の頼みで高校の制服にギャルメイクで街に出た湊は、偶然にも透に遭遇......!湊はとっさに別人の JK“みな”だとウソをつき、それを信じた透は“みな”にまさかの猛アプローチをかけてきたー!すぐに正体を明かすつもりが、見たこともない健気で一途な透の姿に、真実を言いづらくなった湊は、“みな”として透と付き合うことになってしまう。別れるタイミングをうかがう湊だが、「付き合ってくれて本当に嬉しいよ」と笑う透を見て、不覚にもキュンとして......!?そんな時、大学のサークル交流会で再会した幼馴染の烏丸からも告白!? ウソから始まった前代未聞の【2 人なのに三角関係】は、ライバルの登場でさらに複雑化!湊のウソはバレる?バレない?そしてラストに明かされる、もう1つの≪ウソ≫とは!?

映画『ライアー×ライアー』

出演:松村北斗(SixTONES) 森七菜
   小関裕太 堀田真由 七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)/ 板橋駿谷 竹井亮介 相田翔子
原作:金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)
監督:耶雲哉治
脚本:徳永友一
音楽:遠藤浩二
主題歌:「僕が僕じゃないみたいだ」 SixTONES (Sony Music Labels)

製作:『ライアー×ライアー』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:アスミック・エース
(C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会  (C)金田一蓮十郎/講談社

■公式サイト:https://liarliar-movie.asmik-ace.co.jp/
 
■公式twitter : @liarliar_movie
■公式Instagram : @liarliar_movie

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.