アウディ ジャパンは、2021年2月26日〜3月31日に、アウディの次世代ブランドストア「アウディ ハウス of プログレス 東京」にて、プレミアム カメラブランドであるLeica(ライカ)とコラボレーションした写真展「Hyper Monochrome RS exposition Audi / Leica」を開催する。

写真作家の柏木龍馬氏がアウディのRSモデルをライカのカメラで撮りおろし

この写真展「Hyper Monochrome RS exposition Audi / Leica」は、ドイツのエンジニアリングを牽引するアウディとライカのコラボレーションで実現した作品展だ。デビュー以来、ライカのカメラで写真を撮り続けている柏木龍馬氏が、アウディの最もスポーティでラグジュアリーなRSモデルを撮影。レースという過酷な舞台でマシンやドライバーを撮り続けてきた同氏ならではの視点でRSモデルの魅力が写し出されており、アウディのパフォーマンスや先進性を視覚で体感できる展示となっている。

今回の作品は、アウディ デザインによる造形とLライカならではの表現技術、そして「メイド in ジャーマニー」のクラフトマンシップが凝縮した「ライカTL2」のみを使用して撮影。また、RSモデルのパフォーマンスや洗練性を表現するために、元F1ドライバーで、アウディ R8 LMSでもレース参戦経験がある中野信治氏をドライバーとして起用するなど、細部にわたってこだわっている。さらに写真だけでなく、車両やカメラに使用されているアルミやカーボン素材に画像を焼き付けるなど、独自の表現法を駆使した作品も展示している。

会場では、専用のQRプレートを読み込むことで、作品をその場でダウンロードして持ち帰ることができるなど、柏木氏の作品をより身近に感じられるようなコンテンツも用意されている。

画像: 柏木龍馬氏の作品の一例。

柏木龍馬氏の作品の一例。

■「Hyper Monochrome RS exposition Audi | Leica」概要

開催場所:「アウディ ハウス of プログレス 東京」(東京都港区南青山5-3-2)
開催日程:2021年2月26日(金)〜3月31日(水)
営業時間:平日11時(土日祝10時)〜20時(期間中定休日なし)
来館料:無料

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.