「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、ホシノインパルが手がけたフーガのチューンドモデルだ。

IMPUL フーガ651S(2010年:チューンドモデル)

画像: AMG風の少しアグレッシブなエアロダイナミクスシステムでフルドレスアップ。その仕上がりは、さすがホシノインパル。

AMG風の少しアグレッシブなエアロダイナミクスシステムでフルドレスアップ。その仕上がりは、さすがホシノインパル。

「日本一速い男」星野一義氏が率いるチューニングブランド「ホシノインパル」の基本コンセプトは、一般道を気持ち良く走れること。したがって、サーキットを主眼に置くバリバリのスポーツモデルではない。極論を言えば、サーキット走行は除外してもかまわないという考え方で製作されているという。

こうしたコンセプトは、意外にも星野氏自らが陣頭指揮をとっているもの。クルマを買っているユーザー層をメーカーにリサーチし、それをカスタマイズのコンセプトに落とし込むという作業を地道に行なっているらしい。星野氏ほどの人物ならばスタッフに任せているのかとも思っていたが、本人が納得しなければ発売しないという絶対的な意思があるようだ。

今回、そのホシノインパルが日産のフラッグシップ サルーンであるフーガをベースに手がけた「651S」でも、例えばタイヤサイズを見れば、それが分かる。純正と同じ245/40R20とし、さらにホイールサイズもインパルのラインアップで一番幅広の9.5Jではなく、あえて1サイズ細い8.5Jとしたこともその証しだろう。

バタツキやワンダリングの悪化を嫌い、あえてサイズを抑えたことにも星野氏の意見が反映されている。確かに乗ってみると、よほど荒れた路面に行かなければバタツキやワンダリングはあまり気にならない。

フットワークの仕立て方も巧みだ。純正比で車高をフロントが30mm、リアが20mmダウンされたサスペンションとダンパーは、とてもしなやかに路面の凹凸を吸収してくれる。ノーマルでは腰高な感覚と初期の突き上げがやや気になっていたが、逆に651Sではドッシリと腰を据えている感覚だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.