無駄を省き、本質を研ぎ澄ましたフォルム、そしてシンプルな中に美しさが宿る魂動デザインを採用したMAZDA 3(マツダ 3)。ファストバックボディに見合った躍動的なフロントマスクにスポーティさをプラスする「オートエクゼ」のアイテムを紹介しよう。

ミリ波レーダーと360度ビューモニターにも対応するフロントグリル

画像: 「フロントグリル」の表面はピアノブラック、凹部は艶消しブラック、「フロントアンダースポイラー」はピアノブラックで塗装済だ。

「フロントグリル」の表面はピアノブラック、凹部は艶消しブラック、「フロントアンダースポイラー」はピアノブラックで塗装済だ。

艶やかな曲面で構成されたボディラインの中に、躍動と色気が満ち溢れているMAZDA3。思わず触りたくなるファストバックスタイルに、スポーティなエッセンスをプラスしてくれるエクテリアパーツをリリースしているオートエクゼ。今回はフロントまわりのアイテム、フロントアンダースポイラーとフロントグリルを紹介する。

まるで人の感情を表現したかのようなエモーショナルな一面を見せるMAZDA3のフロントフェイス。そのスタイリングを崩すことなく、ワイド&ローのフォルムを強調する「フロントアンダースポイラー」は、純正バンパー下部に固定するアディショナルタイプ。スポイラーの両端にそびえるウェッジシェイプがダイナミックな走りを予感させる。

そして「フロントアンダースポイラー」と合わせて装着したいアイテムが「フロントグリル」だ。純正グリルのハニカム形状とは対照的な、ワイド感を演出する水平基調のグリルの表面はピアノブラック、凹部には艶消しブラックと異なる塗装が施されている。さらにミリ波レーダー(SBS / MRCC)、360度ビューモニター機能にも対応するなど、純正品と同等の安心感で装着できる。オートエクゼのパーツはディーラーオプションとして取り扱われているので、クオリティの高さは折り紙付きだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.