2021年2月18日、ホンダは新型ヴェゼルの内外装デザインや装備などを世界初公開した。スペックや価格などの詳細は4月の正式発表時まで待たなければならないが、まずはディテールを写真で紹介しよう。

スタイルは大きく一新。安全&快適装備も充実させてライバルひしめく激戦区へ

ヴェゼルは、2013年に現行型(初代)が発表されて以来、世界で380万台以上が販売されているホンダのコンパクトSUVだ。今回、初のフルモデルチェンジで内外装を一新した。

エクステリアは、曲線を多用した従来型とは異なり、低全高でファストバックの「スリーク&ロングキャビン」を採用している。ボディと同色のフロントグリルや、立体感のある前後バンパーなどが特徴的だ。

インテリアも従来型より水平基調を強め、メーターなどの視認系はインパネまわりの上方に、スイッチ類などは操作しやすい位置に配している。ガラス製のパノラマルーフや、キャビンに風が広がる新開発のエアコンなども設定されている。

パワートレーンは、1.5Lのガソリンエンジンと、1.5Lガソリンエンジン+2モーターのハイブリッド「e:HEV」を設定。それぞれでFFと4WDを選択できる。

最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング」は、全グレードに標準装備。新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「ホンダコネクト」によるコネクテッドサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」など、安全&快適装備も充実させて、国内外のライバルがひしめく激戦区のコンパクトSUV市場に挑む。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.