モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数14万3000人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、三菱のPHEVコンビの登場です。(エクリプス クロスPHEV:2020年12月追加/アウトランダーPHEV:2020年10月一部改良)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「三菱エクリプスクロスPHEV/アウトランダーPHEV」(2020年12月放映)

三菱PHEV、2台の魅力を徹底解剖

自動車の電動化に積極的な三菱。その代表格が2012年登場のアウトランダーPHEVで、三菱独自の4WDシステムS-AWCとの組合せにより、日本をはじめ世界で高い評価を得ています。2020年10月には一部改良が行われました。

エクリプスクロスPHEVは、そんなアウトランダーPHEVの弟分で、2020年12月に新たに電動化モデルの仲間入りをしました。PHEVのシステムは、アウトランダーPHEVと同じものです。

今回の動画は、竹岡圭さんにこの2台に試乗してもらい、三菱PHEVモデルの魅力を解剖してもらおうという趣向です。一般道と高速道での走行テスト、充電の利便性、給電の能力と、多岐に渡ってチェックを行い、電動化モデルにまだ馴染みのない人でも、分かりやすく丁寧な解説となっていますの。ごゆっくりお楽しみください。

画像1: 三菱PHEV、2台の魅力を徹底解剖
画像2: 三菱PHEV、2台の魅力を徹底解剖
画像3: 三菱PHEV、2台の魅力を徹底解剖
画像4: 三菱PHEV、2台の魅力を徹底解剖
画像5: 三菱PHEV、2台の魅力を徹底解剖
画像: 竹岡圭の今日もクルマと【三菱のPHEV、エクリプスクロスとアウトランダー】に試乗。給電できて、しかもスポーティな4WDシステム搭載のSUV youtu.be

竹岡圭の今日もクルマと【三菱のPHEV、エクリプスクロスとアウトランダー】に試乗。給電できて、しかもスポーティな4WDシステム搭載のSUV

youtu.be

三菱エクリプス クロスPHEV P主要諸元

●全長×全幅×全高:4545×1805×1685mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1920kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:2359cc
●最高出力:94kW(128ps)/4500rpm
●最大トルク:199Nm/4500rpm
●モーター最高出力:前60kW(82ps)、後70kW(95ps)
●モーター最大トルク:前137Nm、前195Nm
●トランスミッション:-
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・43L
●ハイブリッドWLTCモード燃費:16.4km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):447万7000円

三菱アウトランダーPHEV Sエディション主要諸元

●全長×全幅×全高:4695×1800×17105mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1900kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:2359cc
●最高出力:94kW(128ps)/4500rpm
●最大トルク:199Nm/4500rpm
●モーター最高出力:前60kW(82ps)、後70kW(95ps)
●モーター最大トルク:前137Nm、前195Nm
●トランスミッション:-
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・45L
●ハイブリッドWLTCモード燃費:16.4km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):529万4300円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.