2021年2月18日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ミドルクラスSUVの「ジャガー F-PACE(以下、Fペイス)」の2021年モデルの受注を開始した。

マイルドハイブリッド仕様のディーゼルエンジンも搭載

画像: 写真では分かりにくいが、サイドベントにはジャガーのリーパー エンブレムも装着された。

写真では分かりにくいが、サイドベントにはジャガーのリーパー エンブレムも装着された。

Fペイスは、ジャガーが初めて送り出したSUVだ。2016年に初代となる現行型が発売され、日本でも海外でも高い評価を得ており、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー 2017など、数々の受賞歴を誇る。そして発売からおよそ5年を経過する2021年モデルは、はじめての大幅改良がなされた。

エクステリアでは、ひと目でジャガーとわかる洗練されたデザインを踏襲しながら、ボンネット、フロントグリル メッシュバンパーおよび前後のLEDランプなどのデザインを刷新し、よりダイナミックで力強い印象に仕上げられている。

インテリアも、センターコンソールをはじめ、ステアリングホイール、ドライブセレクターなど、英国のクラフトマンシップと機能美が細部にまで追求された精巧な仕上げとされている。

画像: 新デザインのステアリングホイールや収納スペースを拡大したセンターコンソールなど、インテリアも変更されている。

新デザインのステアリングホイールや収納スペースを拡大したセンターコンソールなど、インテリアも変更されている。

パワートレーンには、最高出力204psと最大トルク430Nmを発生する最新の2L 直4「インジニウム」ディーゼルエンジン(マイルドハイブリッド仕様)を導入するほか、ハイパフォーマンスグレードの「SVR」に搭載される5L V8のスーパーチャージド ガソリンエンジンは、最高出力こそ550psと変わらないが最大トルクを700Nm(従来型+20Nm)にアップし、0→100km/h加速は4.0秒(同−0.3秒)、最高速度は286km/h(同+3km/h)に進化している。

最新のインフォテインメント システム「Pivi Pro」や、ブラインドスポット アシスト、クリア イグジット モニター、アダプティブ クルーズコントロールなどの多彩なドライバー支援システムを標準装備し、安全性や利便性を高めた機能も充実している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.