新居を探す若いカップルが不動産屋に紹介された住宅地から抜け出せなくなるラビリンス・スリラー『ビバリウム』が3月12日より公開。悪夢の始まりである内見シーンを解禁。なんとなく違和感を感じる不気味さに、あなたは気づけますか?

- YouTube

www.youtube.com

不敵な笑みを浮かべる不動産屋、案内された「9番の家」

トムとジェマもワクワクした様子で家に足を踏み入れる。外観も内観もミントグリーン調で統一されたその家を「ここは本物の理想の家です」と謳うマーティンはリビングの説明を始める。「ワントーンなのが実にいいね」と話すトム。だが気になるのは暖炉の上に飾られた今まさに内見をしている “9番の家”を写した絵画だ。続いてキッチンについたマーティンは冷蔵庫から歓迎の印にシャンパンとイチゴを差し出すが、それを「運転をするので」と断るトムとジェマ。少し残念そうな顔を浮かべるマーティンだがその表情にはなぜかゾクッとさせられる。続いて2階の子供部屋を案内された二人に、「お子様は?」と問うマーティン。「まだいません」と答えるジェマをそっくり真似をして「まだいません」と真剣な面持ちで繰り返すマーティンを見て、ついに二人も、何かがおかしい?と違和感を感じ始めるのであった…。

画像: 笑顔がどことなく胡散臭い、不動産業者のマーティン

笑顔がどことなく胡散臭い、不動産業者のマーティン

ビバリウム
3月12日(金)公開

画像: © Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

© Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

監督/ロルカン・フィネガン 
脚本/ギャレット・シャンリー 
出演/ジェシー・アイゼンバーグ、イモージェン・プーツ、ジョナサン・アリス
配給/パルコ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.