2021年2月18日、ルノー・ジャポンはコンパクトカーのトゥインゴに特別仕様車「トゥインゴ バイブス」を設定して販売すると発表した。

オレンジ色のアクセントを散りばめてエモーショナルな雰囲気を高める

トゥインゴは、ルノーのコンパクトカーだ。初代は1992年に登場し、現行型は2014年にデビューした3代目となる。リアエンジン/リアドライブの駆動方式を採用し、smartのフォーフォー/フォーツーとは姉妹車にあたる。

今回の特別仕様車「バイブス」は、トゥインゴ EDCをベースに、3色の専用ボディカラー(オレンジ/ホワイト/ブラック)に、見る人の心に響き、元気を与えるオレンジ色のアクセントを散りばめ、エモーショナルな雰囲気を高めて、トゥインゴのデザイン性を際立たせている。

画像: シートの座面やステッチ、シフトまわりなど、インテリアにもオレンジ色のトリムがアクセントに入れられている。

シートの座面やステッチ、シフトまわりなど、インテリアにもオレンジ色のトリムがアクセントに入れられている。

主な専用装備は、以下のとおりだ。

■トゥインゴ バイブス 専用装備

●専用ボディカラー
 ・オランジュ バレンシア メタリック(オレンジ)
 ・ブラン クオーツ メタリック(ホワイト)
 ・ノワール エトワール メタリック(ブラック)
●専用サイドストライプ
●ボディ同色サイドプロテクションモール(「VIBES」ロゴ入り)
●専用フロントグリル(ホワイトホットスタンピング)
●専用16インチアロイホイール+オレンジホイールボルト
●プライバシーガラス
●専用キッキングプレート
●オレンジ内装トリム(シフトレバーベース、フロントドアアームレストステッチ)
●専用レザー調×ファブリック コンビシート
●専用プレート(「VIBES」ロゴ入り)
●前席シートヒーター
●サブウーハー
●リアシート下収納ネット

車両価格(税込)は、219万円。専用装備を満載しながら、ベース車の14万5000円高におさえられている。パワートレーンはベース車と同じ、92psと135Nmを発生する0.9Lの3気筒ターボエンジンに6速EDC(DCT)を組み合わせ、ハンドル位置は右のみとなっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.