2021年2月16日、ロータス カーズは2030年のEV耐久レースに登場する可能性のある次世代レーシングカー「E-R9」のデザインスタディを発表した。

往年のレーシングカーをオマージュしたカラーリングとネーミング

ロータスが発表した「E-R9」は、2030年のEV耐久レースに登場する可能性のある、次世代レーシングカーのデザインスタディだ。印象的なブラックとゴールドで仕上げられたE-R9は、7回のF1コンストラクターズ タイトルと6回のF1ドライバーズ タイトルを獲得した、ロータスのF1マシンをオマージュしている。

デルタウイング状のボディ前端中央部には、洗練された戦闘機スタイルのキャノピーを備えている。後述する「モーフィング」ボディパネルや垂直に取り付けられた操縦翼面を備えた高度なアクティブエアロダイナミクスによって、ハイスピードのコーナリングを可能にしている。

E-R9の開発は、外部クライアントにプロジェクトを提供するコンサルタント部門のロータス エンジニアリングによって行われた。このクルマは、高度な電動パワートレーンと空気力学の分野において、その哲学的、能力、そして革新的な精神のテクノロジー ショーケースとして生み出された。

車名の「ER」は「Endurance Racer(耐久レーサー)」の略で、9はロータスの過去のレースに敬意を表して選ばれた数字だ。1955年、創設者であるアンソニー・コーリン・ブルース・チャップマンが率いるロータスのレーシングチームは、ル・マン24時間レースに「ロータス マーク IX(ナイン)」で参戦した。つまり、E-R9が2030年のEV耐久レース(ル・マン24時間レース?)に参戦したら、マーク IXの参戦75周年を祝うことになる。

E-R9は、ロータスのチーフエアロダイナミストであるリチャード・ヒルと、EVハイパーカーのエヴァイヤのプリンシパル プラットフォームエンジニアで吉利汽車のテクニカルディレクターであるルイス・カーによって開発された。エクステリアは、ロータスのデザインディレクターであるラッセル・カーが率いるデザインチームによるものだ。

リチャード・ヒルは
「私たちがやろうとしたことは、現在の技術的な位置の限界を将来に向けて押し広げることです。ロータス E-R9には、開発と実用性が十分に期待されるテクノロジーが組み込まれています。ロータスには独自のソリューションを開発してきた驚くべき歴史があり、モータースポーツやロードカーで何度もそれを行ってきました」
と語っている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.